史上初開幕4戦連続完封勝利のユベントス、指揮官「本物の選手が20人いる」

ゲキサカ / 2014年9月25日 14時48分

史上初開幕4戦連続完封勝利のユベントス、指揮官「本物の選手が20人いる」

 セリエAは24日、各地で第4節2日目を行った。ユベントスはホームでチェゼーナと対戦し、3-0で勝利した。開幕戦から4試合連続の完封勝利というセリエA史上初の記録を打ち立てた。

 この日の試合は前半18分にMFアルトゥーロ・ビダルのPKで先制すると、後半20分にもビダルがゴール。さらに同40分にはDFステファン・リヒトシュタイナーがダメ押しの3点目を決めた。

 試合後、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』によるとユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は「我々は堅固なチームであることをしっかりと示した。90分間で相手に許したのは、エリア外からのシュート1本だけ」と勝利を喜んだ。

 なかでも「ターンオーバーをしたことにも満足している」と過密日程の一戦で勝利したことを喜ぶと、「ジョビンコは良い試合をした。ビダルは先発に復帰したね。まだトップコンディションではないが、すぐに決定的な存在となった」と2得点の活躍をみせたビダルを称え、「オグボンナとペレイラもうまく続けている。私には本物の選手が20名いるんだ。それが分かったと思う」と胸を張った。

 セリエAではローマも開幕4連勝中。今季4試合目にして、早くも一騎打ちの様相を呈してきた。報道陣からはローマ戦へ関する質問も飛んだが、アッレグリ監督は「その前に2試合がある」とぴしゃり。

「土曜に敵地でアタランタと戦い、その次はマドリッドでの試合(欧州CLのA・マドリー戦)だ」と言うと、ライバルチームに関しては「ローマは良いプレーをしているし、非常に優れている。ルディ・ガルシア監督はすぐにイタリアのリーグに溶け込んだね。彼らには素晴らしい選手たちがいるし、さらにチームは良くなっている」と話すに留めた。

▼関連リンク
セリエA2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング