第一印象は「友達の弟」「お兄ちゃんの友達」 扇原×南野特別インタビュー

ゲキサカ / 2014年9月26日 12時42分

第一印象は「友達の弟」「お兄ちゃんの友達」 扇原×南野特別インタビュー

 MF香川真司(ドルトムント)、MF清武弘嗣(ハノーファー)、MF乾貴士(フランクフルト)、FW柿谷曜一朗(バーゼル)…。現在、欧州で活躍する彼らは皆、セレッソ大阪のユニフォームを着てプレーしていた。そんな彼らの後を追う世代も着実に成長を遂げている。先日発足したアギーレ・ジャパンにも選ばれた扇原貴宏と、日本の次世代を担うストライカー南野拓実に様々な質問をぶつけた。

―扇原選手はハビエル・アギーレ監督を迎えた新生日本代表の初陣メンバーに選出されました。
扇原(以下、扇)「初めて一緒にやる選手も多くて、刺激は大きかったですね。試合に出れなかったことは悔しかったですけど、自分にとってはプラスになりました。アギーレ監督の練習はメリハリもしっかりしていて、やっていて楽しかった。また次選ばれるように、頑張っていきたいという気持ちはより一層強くなりました」

―アギーレ監督の印象は?
扇「印象としては、攻守のバランスは気にするし、めちゃくちゃ細かいという訳ではないんですけど、リスク管理は注意深くする監督だなというのは感じました。攻撃に関しては自由というか、ある程度バリエーションはありますけど、選手の考え方を尊重してくれる監督だなと。選手としてはすごくやりやすい監督なのかなと感じました。個人的に特別アドバイスを受けたわけではないですが、いいプレーをしたらすごく褒めてくれますし、選手のモチベーションを上げるのは上手い監督なのかなと思いました」

―アギーレ監督は扇原選手も参加されたロンドン五輪の日本代表を高く評価していました。
扇「あの時は全員が守備意識が高かったですし、確かに全員に守備意識や運動量を求める監督だとは思います。そういう意味ではセレッソのサッカーもそうですし、今のサッカーでは基本となるところなのかなと思います」

―南野選手は先日の代表戦をご覧になりましたか?
南野(以下、南)「2試合とも見ましたけど、外から見ている僕からしたら、まだ分からないというのが正直な感想です。ただ僕も早くそこに行けるようにしたいですし、そのためにもまずはセレッソで頑張りたい。常に高いところに目標にしていないといけないと思っています」

―A代表への期待ももちろんですが、南野選手には10月に開催されるU-19AFC選手権での活躍にも期待が集まります。U-20W杯への出場権もかかる大事な大会です。
南「難しい試合になると思っています。アジアの戦いはどの試合でも厳しくなる。ただU-20W杯はなかなか行けていない大会ですし、自分の力でU-20W杯出場権獲得に貢献出来たらいいなと思います。頑張ってきたいと思います」

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング