[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.5

ゲキサカ / 2014年10月25日 2時18分

[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.5

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは佳境に突入している全国高校選手権予選の注目選手を大特集。「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター5氏に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。最終回は“ユース教授”ことサッカージャーナリストの安藤隆人氏による11名です。

 安藤隆人氏:「私の選手権の楽しみ方。それは1、2年生の成長度合いを見ること。正直、3年生に関してはある程度どういう選手かは分かっていますが、1、2年生が夏を超えて、どこまで成長しているかを見るとともに、彼らが『本物』かどうかを見極める大事な大会でもあります。なので、今回の11傑は1、2年生のみで選んでみました。もちろんここで選んだ以外でも、入れたくても入れられなかった選手もいます。来年の主役でなるであろう彼らに注目して、選手権予選や本大会を見るのも、また新たな楽しみが生まれると思いますよ!」

GK脇野敦至(福岡・東福岡高、2年)
「インターハイ3回戦の山梨学院高戦で見せたPKセーブは見事だった。これで自信をつけた彼は、大会を通じて大きく成長。安定したキャッチングと、鋭いセービング、広い守備範囲を駆使し、赤い彗星のゴールを守る」

DF常田克人(青森・青森山田高、2年)
「まだラインコントロールの面での不安定さはあるが、185cmの高さを生かした空中戦と、高い対人能力は将来性を感じる。怪我から復調し、万全のコンディションとなった彼のプレーを選手権で見てみたい」

DF大桃海斗(新潟・帝京長岡高、2年)
「常田と一緒で、空中戦の強さと、正確なフィードが魅力のCB。中学時代まではFWだったが、CBにコンバートをして才能が開花。的確なコーチングと、ハードマークを駆使するファイターは、全国でのアピールを狙っている」

DF星キョーワァン(栃木・矢板中央高、2年)
「コンゴ人の父と日本人の母を持つハーフ。ずば抜けた身体能力を駆使した陸空兼用のハードワークが魅力だ。空中戦のときには気合いの雄叫びを上げ、1対1では長い足を活かして、ボールを巧みに刈り取る。見ていて面白い選手」

DF野田裕喜(熊本・大津高、2年)
「ポジションはCBだが、もしこの11人でフォーメーションを組んだら、3バックにしてボランチにしても面白い。それだけインテリジェンスある選手で、偉大なるOBである谷口彰悟(川崎F)、車屋紳太郎(筑波大、川崎F入団内定)の系譜を継ぐ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング