PO進出狙う札幌と残留目指す讃岐は痛み分け

ゲキサカ / 2014年11月9日 15時31分

[11.9 J2第40節 札幌1-1讃岐 札幌ド]

 8位コンサドーレ札幌はホームで21位カマタマーレ讃岐と対戦し、1-1で引き分けた。J1昇格プレーオフ圏内となる6位浮上を目指す札幌、J3との入れ替え戦に回る21位に位置する讃岐。両チームにとって痛い引き分けとなった。

 讃岐は前半3分、右CKからMF沼田圭悟がヘディングシュートを放ち、いきなりチャンスをつくる。同16分にはFWアンドレアの左クロスを沼田が左足で流し込み、先制点を奪った。

 1点ビハインドで前半を終えた札幌も後半5分、途中出場のFW内村圭宏がPA内左で粘ってマイナスに折り返し、FW都倉賢が右足で同点ゴール。1-1と試合を振り出しに戻し、その後も果敢に勝ち越しゴールを目指した。

 しかし、最後まで2点目を奪うことはできず、1-1のドロー。札幌は前節の東京V戦(0-0)に続いて下位チーム相手に勝ち点を取りこぼす結果となった。一方の讃岐も3試合連続のドロー。残留圏となる20位東京Vとの勝ち点差は「5」のまま、残り2試合となった。

▼関連リンク
[J2]第40節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング