横浜FM小椋が契約満了で退団、「サッカー人生が終わるわけではない」

ゲキサカ / 2014年11月30日 11時51分

横浜FM小椋が契約満了で退団、「サッカー人生が終わるわけではない」

 横浜F・マリノスは30日、MF小椋祥平と契約満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。2008シーズンに水戸から横浜FMに加入し、これまで7シーズン在籍していた小椋だったが、今季は19試合の出場にとどまっていた。

 クラブを通じて小椋は「2014シーズンを持って、横浜F・マリノスを退団することとなりました。本来であれば昨日のホーム最終戦より前に発表し、スタジアムでしっかりとお別れをしたかったのですが、これで僕のサッカー人生が終わるわけではないので、クラブに無理を言ってこのタイミングでの発表にしてもらいました。

 22歳から7年間、本当にお世話になりました。監督をはじめ、チームスタッフ、会社の皆さん、そしていつも熱い声援を送ってくれたファン、サポーターの皆さん、本当にありがとうございました。

 今年は不甲斐ないシーズンになってしまいましたが、横浜F・マリノスは伝統と歴史のあるクラブで常に優勝争いをしなければいけないクラブだと思います。そのチームの一員でいられたことを誇りに、次のチームでも頑張っていきたいと思います。横浜F・マリノスがより大きく飛躍することを願っています」と感謝の思いを語った。

プロフィールは以下のとおり

●小椋祥平
(Shohei OGURA)
■ポジション
MF
■出身/生年月日
千葉県/1985年9月8日
■身長/体重/血液型
174cm/67kg/B型
■経歴
船橋市立三山小―ウイングSS習志野(船橋市立三田中)ー修徳高ー水戸ー横浜FM

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング