6戦ぶり白星のミラン、インザーギ「今季のベストゲームだった」

ゲキサカ / 2014年12月1日 12時21分

6戦ぶり白星のミラン、インザーギ「今季のベストゲームだった」

[11.30 セリエA第13節 ミラン2-0ウディネーゼ]

 30日に行われたセリエA第13節でウディネーゼと対戦した、MF本田圭佑が所属するミランは2-0の勝利を収め、6試合ぶりの勝ち点3を獲得した。

『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、チームを率いるフィリッポ・インザーギ監督は「今季のミランのベストゲームだったね」と喜びのコメントを残している。

 指揮官は「観客も楽しんだだろうし、(シルビオ・ベルルスコーニ)会長も試合中に(アドリアーノ・)ガッリアーニCEOに連絡して『家で楽しんでいる』と言っていたようだよ」とご満悦。

 この日の勝利で6位に順位を上げ、「我々は正しい道にいるし、今日は満足できる理由がたくさんあった」と話すと、「(マルコ・)ファン・ヒンケルと(パブロ・)アルメロは長い間プレーしていなかったし、(ジャンパオロ・)バッツィーニも途中出場で良くやってくれた。(リッカルド・)モントリーボの復帰もうれしいよ」と選手たちに賛辞を送った。

▼関連リンク
セリエA2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング