[Fリーグ]ガンと戦う鈴村と久光重が対戦! 神戸と湘南はドロー決着

ゲキサカ / 2014年12月16日 11時7分

[Fリーグ]ガンと戦う鈴村と久光重が対戦! 神戸と湘南はドロー決着

[12.12 Fリーグ2014/15 第25節 神戸2-2湘南 横浜国際]

 Fリーグは12日から14日にかけて、第25節、第26節の12試合を横浜国際プールで行った。1日目の第2試合では、デウソン神戸と湘南ベルマーレが対戦。上咽頭ガンを乗り越えた神戸のFP鈴村拓也と、右上葉肺腺ガンと闘いながらピッチに立つ湘南のFP久光重貴の対戦ともなった一戦は、2-2のドローに終わり、勝ち点1を分け合っている。

 湘南は前半3分FP岡野健が得点を挙げて、先制する。その後も久光重にゴール前でチャンスが訪れたが、追加点を挙げられない。それでもシュート19本を放った神戸の攻撃に耐えた湘南は、1点のリードを守って前半を折り返す。

 後半も神戸はゴールを目指したが、なかなか得点を挙げられない。それでも、残り5分を切り、FP渡井博之をゴレイロにパワープレーを開始すると、後半16分に鈴村が同点ゴールを決める。さらに、その1分後には渡井が勝ち越しゴールを決めて、逆転に成功する。

 このまま逃げ切りたい神戸だったが、残り47秒でFPボラにゴール前で反転シュートを決められて、2-2で試合は終了。試合後には鈴村と久光重がユニフォームを交換し、健闘を称え合った。

[写真]同点ゴールを叩きこんだFPボラ。

デウソン神戸 2-2(前半0-1) 湘南ベルマーレ
<得点者>
[神]鈴村拓也(36分)、渡井博之(37分)
[湘]岡野健(3分)、ボラ(40分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング