[大学選手権]夏冬連覇へ王手!!「仲間を笑顔に…」流通経済大が4発勝利で初の決勝進出

ゲキサカ / 2014年12月18日 23時44分

[大学選手権]夏冬連覇へ王手!!「仲間を笑顔に…」流通経済大が4発勝利で初の決勝進出

[12.18 大学選手権準決勝 びわこ大0-4流経大 味フィ西]

 全日本大学選手権の準決勝が18日に東京・味の素フィールド西が丘で行われた。第2試合ではびわこ成蹊スポーツ大(関西2)と流通経済大(総理大臣杯)が対戦。流通経済大が4-0で勝利し、夏の総理大臣杯制覇に続いての日本一へ王手をかけた。一方、初の決勝進出を目指したびわこ成蹊スポーツ大(以下、びわこ大)は決勝進出ならず。関西勢同士の決勝戦は実現しなかった。

 5回目の正直となった。試合後、流通経済大の中野雄二監督は「やっとファイナルに立つことができた。本当に嬉しい。もう人生でタイトルは取れないと思っていた」と言うと笑顔をみせた。多数のプロ選手を輩出し、過去には4度も冬の大学選手権で4強入りを果たしてきた流通経済大だが、いずれも4強止まり。今回、5度目の準決勝でようやく勝利を手に入れ、初のファイナル進出を果たした。「インカレを取ることだけのために1年間を費やしてきた」と話す指揮官は「今日までは順調にきている」と表情を緩ませた。

 この日の流通経済大はMF中村慶太(3年=流通経済大柏高)とMF森永卓(1年=流通経済大柏高)をメンバーから外し、ベンチ入りもさせず。「完全に身体を休ませよう」(中野監督)と連戦を見据えての先発メンバーとなった。

 試合は前半20分に動く。左サイドから攻め込むと、DF鈴木翔登(4年=流通経済大柏高)が左クロス。ゴール正面のFW江坂任(4年=神戸弘陵高)が競り勝つと、最後は詰めていたMF渡邉新太(1年=新潟ユース)が頭で押し込み、流通経済大が1-0と先制に成功。そのまま前半を折り返した。

 迎えた後半、流通経済大は一気に3点を追加。ここまで国士館大、福岡大を破ってきた、びわこ大を寄せ付けなかった。まずは後半18分、左サイドスローインから鈴木のボールをゴール前右で受けた渡邉が右足で押し込み、2-0と差を広げる。さらに同34分には江坂がゴール。相手ボールをカットしたMF山岸祐也(3年=尚志高)がドリブルで持ち込むと、これを受けた江坂が右足シュートを決める。ルーキーMFの活躍に負けじと4年生FWが結果を残した。

 3-0とびわこ大を突き放し、勢いに乗った流通経済大は4分後の後半39分にもゴール。左サイドから仕掛けた江坂が右足を一閃。ミドルシュートを突き刺し、試合を決定付けた。試合は4-0のまま終了。ルーキーMF渡邉と4年生FW江坂が揃って2点を挙げての勝利となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング