[選手権]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権注目の11傑」vol.3

ゲキサカ / 2014年12月22日 7時14分

[選手権]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権注目の11傑」vol.3

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権注目の11傑』」

 第93回全国高校サッカー選手権開幕まであと8日! ゲキサカでは冬の日本一決定戦の注目選手を大特集。「選手権注目の11傑」と題し、ユース年代のサッカーを取材するライター5氏に選手権注目の11選手を短評付きで紹介してもらいます。「11傑」の第3回は(株)ジェイ・スポーツのJリーグ中継プロデューサーを務める傍ら、東京都中心にユース年代のチーム、選手を取材する土屋雅史氏による11名です。

 土屋雅史氏:「今回は過去に取材で話を聞いたことのある選手に限定して、11人を選んでみました。ここに挙げたイレブンは取材対応も非常に丁寧だった印象が強く、間違いなく全員ナイスガイです(笑)」

GK仲間琳星(國學院久我山高3年)
「今シーズンの都内ナンバーワンGK。2年時からゴールマウスに立ち続け、最後尾でビルドアップにも貢献するなど、チームにとって欠かせない存在に。国立で行われた昨年の開幕戦では悔しい敗戦を突き付けられており、『あの悔しさを忘れちゃいけないし、去年の分も絶対に勝たなきゃいけないというのもあるので、“臥薪嘗胆”という言葉が今の自分を創っていると思います』という強いメンタルで、今大会の予選は無失点優勝を達成した」

DF内藤健太(國學院久我山高3年)
「2年連続となる全国出場を決めた國學院久我山のキャプテンと10番を兼任する精神的支柱は、『自分は上手いタイプで10番になったわけじゃない。試合を締める役割をキャプテンとして、10番としてできればと思っている』と自己分析。指揮官の李済華監督も『知的で闘争心があってひたむきで、守備に対してのリーダーシップがある』と絶賛するディフェンスリーダーが、去年の国立で味わった悔しさを払拭すべく、最後の冬へ挑む。

DF花房稔(國學院久我山高3年)
「久我山史上最強との呼び声も高かった昨年のチームからレギュラーを務め、ビルドアップや機を見たオーバーラップに定評のある攻撃的CB。『ヘディングもちゃんと返せるようになったし、とりあえず安定感は出てきたと思う。手応えは結構あります』と自ら課題にしていた守備面でも着実に成長を遂げており、今年は堅い守備に特徴を持つチームを最終ラインから支え続ける」

DF安田拡斗(履正社高2年)
「初出場でいきなりベスト8まで躍進した昨年の選手権を、1年生ながらレギュラーで経験したクレバーなCB。自ら『僕は高さで勝負する役じゃなくて、考えてカバーする役』と話すように、冷静な判断の光るディフェンスは言うまでもなく、フリとオチを組み合わせたトークスキルも永井建成(京都橘→熊本)を髣髴とさせるハイクオリティ。『試合中は結構話すようにしていて、黙り込むことは絶対ないようにしています』とは本人の弁。試合中も試合後も彼から目が離せない」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング