好調アーセナル、早くもベンゲル監督との契約延長が浮上

ゲキサカ / 2015年10月26日 10時25分

好調アーセナル、早くもベンゲル監督との契約延長が浮上

 アーセナルがアーセン・ベンゲル監督と2019年まで契約を延長する可能性が浮上している。英『ミラー』が報じた。

 今季のプレミアリーグを第10節まで終え、アーセナルは首位のマンチェスター・シティと勝ち点22で並ぶ2位につけている。この成績を高く評価するクラブ内部では、ベンゲル監督との契約を2019年まで延長するべきと意見が出ているようだ。

 プレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドを3-0で撃破したことや、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でバイエルンを下したことが高く評価されたという。

 1996年からアーセナルを率いるベンゲル監督。来季限りで契約満了となり、長期政権も終わりかとみられていたが、クラブは2年間の契約延長を申し出る意向だ。シーズン終了後に交渉は行われるという。

 また、好成績を残しているベンゲル監督は、1月の移籍市場において、望めば選手獲得のための資金がクラブから降りることを確約させたようだ。

 プレミアリーグの38試合中10試合を終えて、早くも飛び出た契約延長報道。ベンゲル率いるアーセナルは、失速することなくシーズンを終えることができるか。

●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング