“チェコの伝説的守護神”ペトル・チェフが代表引退を表明

ゲキサカ / 2016年7月8日 20時56分

“チェコの伝説的守護神”ペトル・チェフが代表引退を表明

 アーセナルに所属するチェコ代表GKペトル・チェフ(34)が8日、代表活動からの引退を表明した。『スカイ』が報じている。

 チェフは代表では02年2月にA代表デビューを果たし、EURO2004予選以降はレギュラーに定着。代表通算124試合に出場し、代表としてのタイトルはないものの、チェコ年間最優秀選手賞を8度受賞していた。

 EURO2016にも出場したが、チェコはグループリーグを1分2敗で終了。敗退が決まると、「代表チームに残るか、もしくは引退するかを決めるには時間が掛かると思う」と代表引退を示唆していた。
●EURO2016特集
●プレミアリーグ2016-17特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング