伝説のPKストッパー…驚異のPK阻止率の“秘密”に迫る:前編

ゲキサカ / 2017年10月13日 22時14分

2016年10月2日のバレンシア対アトレティコ・マドリー戦。GKジエゴ・アウベスは2本のPKを止めた

 今夏より母国のフラメンゴでプレーするGKジエゴ・アウベス(32)はリーガ・エスパニョーラ史上最高のPKストッパーとして“伝説”を残した。07年からアルメリア、11年からはバレンシアのゴールを守り、48回のPKのうち実に22回をストップ。驚異のPK阻止率の“秘密”はどこにあるのか。PKの真実とは何なのか。蹴る側と止める側、双方について英紙「フィナンシャル・タイムズ」が総力取材。大型ルポルタージュとして展開した。以下、「クーリエ・ジャポン」より抜粋し、前編・後編に分けて掲載する。

From Financial Times (UK) フィナンシャル・タイムズ(英国)
Text by Murad Ahmed

 2016年10月2日、リーガ・エスパニョーラで驚くべき記録が達成された。

 バレンシアは本拠地のメスタージャ・スタジアムで、同じくスペイン最大のチーム、アトレティコ・マドリーと対戦していた。前半終了間際、スコアは0-0だったが、審判がアトレティコにPKを与えた。双方のサポーターから拍手と抗議の声が沸き起こった。

 大観衆が見守る中、フランス代表FWでもあるスター選手、アントワーヌ・グリエーズマンは腰を屈めてボールを拾い上げた。

 グリエーズマンの身長は175cm。この金髪のストライカーは、他の選手と比べても背が低く華奢な体つきだ。だが彼は相手チームの守備陣の間に隙間を見つけて、その隙間を通るように蹴ったボールを変化させ、ゴールに叩き込む技術にかけては世界最高とも称される選手だ。その技術で、EURO2016において彼は母国の準優勝に貢献し、「ゴールデンブーツ(得点王)」ならびに最優秀選手賞(MVP)を獲得している。

 PKはどれも与えられたものだ。約11m離れたところから自由にシュートをするのだが、邪魔する相手はゴールキーパーしかいない。それゆえ一流のサッカーチームでは、PKの成功率は75%に達する。

 しかし、試合開始から44分経過したこのとき、グリエーズマンはイライラしている様子だった。「彼の顔を見ると分かるよ。すべて彼の顔に書いてあるから、見てみればいい」。この日、グリエーズマンの前に立ちふさがっていた31歳のブラジル人キーパー、ジエゴ・アウベスはのちにこう語った。鮮やかなグリーンのジャージに身を包んだアウベスには、自信があったのだ。

 それはヨーロッパのトップリーグで最高のPK阻止率を挙げた男が持つ自信だった。計算法により異なるが、彼のPK阻止率は50%を超えるという。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング