1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

[球蹴男児U-16リーグ]昨年未勝利の情報科学、GK新本の活躍などで第3節に1勝

ゲキサカ / 2018年5月6日 23時0分

情報科学高GK新本空は第3節のマン・オブ・ザ・マッチに

[5.4 球蹴男児U-16リーグD2第2節 ルーテル学院高 3-0 情報科学高 大津多目的]

 昨年、先輩たちが味わった悔しさをエネルギーにしている。情報科学高(大分)は鹿児島実高(鹿児島)との「2018 球蹴男児U-16リーグ」Division2開幕戦を2-2でドロー。第2節ではルーテル学院高(熊本)に0-3で敗れた。

 立ち上がりの悪かった開幕戦の反省を活かして試合開始から集中した戦いを見せた情報科学だが、24分に失点。MF水島澪生とMF横井俊斗の両レフティーを中心に反撃し、CKなどからチャンスを作り出す。敗れたものの、球際の強さ、ゴール前での粘り強さを見せるなど、最後まで諦めない戦いが印象的だった。

 後方からの声でチームを支えていたGK新本空は「負けたんですけれども、しっかりみんなで力を合わせて戦うことができた」。ただし、GKとしては「意味のあるコーチングをしなければ意味がない。GKは将棋で例えるとプレーヤーなので、フィールドの金とか王とかそれをどう扱うか」と反省し、より意味のあるコーチングをすることを誓っていた。

 昨年、情報科学は2分16敗で最下位。未勝利のままシーズンを終えて今年はDivision2を戦いの場にしている。だが、開幕戦で鹿児島実から勝ち点をもぎ取った情報科学は、鵬翔高(宮崎)との第3節を新本の活躍や、FW岩本陸人、DF清田翔馬のゴールによって2-0で勝利した。昨年できなかった1勝を早くも第3節で達成。「1部に戻りたい」(新本)という目標にも本気で挑戦する。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
2018 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング