プレミア移籍はどうなる…? リヨンのフランス代表MF「移籍市場はまだ長い」

ゲキサカ / 2018年8月7日 23時36分

ロシアワールドカップ決勝のピッチに立ったリヨンMFナビル・フェキル

 ロシアワールドカップ決勝でもピッチに立ったリヨンのフランス代表MFナビル・フェキルは今夏での退団の可能性を否定しなかった。『ESPN』によると、行き先はリバプールが有力視されている。

「見てのどおり、僕はリヨンに今いる。ここでとてもうまくやっている」。そんなコメントをリヨンの公式ウェブサイトに対して残したフェキルは同クラブの育成組織出身。2015年にはリーグ・アンの最優秀ヤングプレーヤーにも輝いた25歳だが、次のように続けている。

「だけど移籍市場はまだ長い。サッカーではどんなことでも、ものすごいスピードで起きるものなんだ」。あえて今夏のマーケットを示唆する言葉を選んだことで、移籍に前向きな姿勢をメディアから読み取られているようだ。

「将来どうなるかわからないけど、ここで僕はとてもうまくやれているし、チームメイトとも馴染んでいる。ここにはとてもすばらしい選手が揃っているし、雰囲気もすばらしい」。現状への不満は感じていないというフェキルだが、数週間後には赤いユニフォームに袖を通しているかもしれない。
●プレミアリーグ2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング