セリエA初弾のC・ロナウドが怒涛の追加点!ユーベ開幕4連勝でCL初戦に弾み

ゲキサカ / 2018年9月17日 0時3分

FWクリスティアーノ・ロナウドが2得点

[9.16 セリエA第4節 ユベントス2-1サッスオーロ]

 セリエAは16日に第4節を行い、ユベントスはホームでサッスオーロと対戦し、2ー1で勝利した。今夏加入のFWクリスティアーノ・ロナウドが待望のセリエA初得点となる2ゴールを挙げ、開幕4連勝に貢献した。

 開幕3連勝のユベントスは4-3-3の布陣を敷き、GKボイチェフ・シュチェスニ、DFジョアン・カンセロ、DFレオナルド・ボヌッチ、DFメフディ・ベナティア、DFアレックス・サンドロが守備を固める。中盤はMFエムレ・カンをアンカーに置き、MFサミ・ケディラ、MFブレズ・マトゥイディをインサイドハーフに起用。攻撃陣は左にC・ロナウド、右にFWパウロ・ディバラ、最前線にFWマリオ・マンジュキッチを配置した。

 前線から攻撃を仕掛けるユベントスはC・ロナウドとマトゥイディが序盤から立て続けに好連係をみせ、決定機を演出する。同11分には左サイドのA・サンドロのクロスをC・ロナウドが頭で合わせるがミートせず。結局スコアレスのまま、前半を折り返す。

 すると後半5分、C・ロナウドに待望の得点が生まれる。ディバラの右CKをボヌッチがオーバーヘッドキックで合わせるが、サッスオーロのDFジャン・マルコ・フェラーリが頭ではたき、ボールはゴール左ポストを叩く。C・ロナウドはゴール前にこぼれたところを素早く詰め、ゴールに押し込み、移籍後初得点を決めた。

 C・ロナウドはすかさず追加点を奪う。後半20分、サッスオーロのCKからユベントスが一気にカウンター。E・カンがボールを運んで前線にパスを送ると、C・ロナウドはPA左から左足を一閃し、ゴール右に突き刺した。

 国際サッカー連盟(FIFA)の公式ツイッター(@FIFAcom)によると、C・ロナウドはトップリーグでの400得点を達成。R・マドリーで311得点、マンチェスター・Uで84得点、スポルティングで3得点を挙げてきた稀代のストライカーが、新天地での初得点を含む2ゴールで、自身の記念すべき400ゴールを飾った。

 ユベントスは試合終了間際に失点を喫し、直前に警告を受けていたMFダグラス・コスタが一発退場となるも、2-1で開幕4連勝。19日のUEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節バレンシア戦に向けて、勢いに乗る勝利となった。
●セリエA2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング