日本vsチリ 試合後の森保一監督会見要旨

ゲキサカ / 2019年6月18日 22時29分

日本代表を率いる森保一監督

 日本代表は17日、コパ・アメリカのグループリーグ第1節でチリ代表と対戦して0-4で敗れた。

以下、試合後の森保一監督会見要旨

「負けはしましたが、最後の最後まで1秒たりとも集中を切らすことなく、戦い抜いたことを次の試合につなげていきたいと思う。今日は負けましたが、また次も勝利を目指して個の力、チームの力を100パーセントぶつけられるようにしたいと思う」

――4-2-3-1で挑んだ成果。右サイドに前田を使った狙い
「システムは3-4-3をベースに我々は、東京五輪世代のチームは活動してきたが、基本的に原理原則は変わらないという部分でA代表でやっている形でプレーしてもらった。今回招集した選手を見てこの形で戦うことができるということでやってもらった。前田大然を右サイドで使ったのは、サイド攻撃から良い守備をしてカウンターを出せるかなという狙いを持って起用した」

――チリ代表について
「すべての選手のクオリティーは高いと思ったし、判断するスピード、プレーのスピード、そしてチーム全体として攻撃だけではなくて、守備の部分のインテンシティーも非常に高いチームだった。その中で、やはりビダル選手がチームの中心として、攻守ともにチームをけん引している印象を受けた」

――チリと対戦して予想外だったことは? それとも力の差は予想どおりか
「相手が非常に経験があって、チームとしても長くプレーを重ねている連係面の部分でも、個の部分でもクオリティーがあるということは試合前からも想像していた。結果、0-4ということで、一瞬の隙を突いてくる、そういう勝負強さがあるチームだなと感じましたが、選手たちにも言いましたがすべて劣っているわけではない。もちろんプレーのスピード、判断のスピード、スピードが上がった中での技術はもっともっと高めていかなければいけないが、球際の部分であったりは十分にやれていたと思うし、攻撃のところでゴールできるだけのチャンスを何度も作れたと思うので、そこを決め切る力をつければ、もっといい試合ができるかなと思っている」

――今後の戦い、久保について
「日本代表のコパ・アメリカでの戦いについては次の試合が非常に重要になってくると思うし、次の試合の相手は非常に強敵だが勝利を目指して、良い準備をしていきたい。久保については、今日得点を奪うことができなかったし、得点に絡むこともできなかったが、相手の守備を混乱させるだけのプレーをしてくれたと思うので、これを継続して、さらにレベルアップした姿を次の試合で見せてほしい」

――質問不明
「とにかく、この試合勝利を目指してチャレンジすることが大切だと選手たちに伝えて送り出した。選手たちは非常に勇敢に勇気を持って攻守ともに、相手に挑んでくれたと思うし、その姿勢がスタートから試合が終わるまで出せていたと思っている」

――質問不明
「まずは勝つことで応援して頂いている方に喜んでもらえることは非常に大切だと思うが、勝負は別として、試合の内容、プロセスで選手たちが勇敢に攻める姿勢を持って、攻めれるか、守備も守るだけではなくアグレッシブに勇敢に守っていけるかというところ、今日見て下さっている人たちも感じてくれたんじゃないかなと思っている。あと決定力というところは今やっていることを続けていけば、彼らは若い選手だしクオリティーを上げていくと思う。そして、最低でもあと2試合ある中、我々がすることをしっかり考えて戦いたいと思うし、ブラジルでコパ・アメリカを戦っている中で、ブラジルには日系の方がたくさんいるので、その方たちにも日本人が戦う姿勢をしっかり感じてもらえるようにしたいと思うし、このサッカー王国ブラジルで日本人が勇敢に戦う姿と、日本人がサッカーでもクオリティーでもできるんだというところをお見せできればと思う」

――質問不明
「4失点は事実として結果として出ているので、局面局面で足りないところがあったと思っている。ただし、ゼロで終わる試合ではなかった。1点2点は十分にチャンスを作りながら戦えていたと思うので、次の試合では得点を奪えるように、得点という結果を出せればと思う」

(取材・文 折戸岳彦)●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング