1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

全チームから勝点獲得達成!尚志は前年王者・川崎F U-18撃破でプレミア2位と大躍進も「悔しさという伸びしろ」を携えて選手権で日本一獲りに挑む!

ゲキサカ / 2023年12月4日 12時22分

プレミア最終節の激闘、「等々力決戦」はアウェイの尚志高に軍配!

[12.3 高円宮杯プレミアリーグEAST第22節 川崎F U-18 1-2 尚志高 等々力陸上競技場]

 残留を目標にスタートしたシーズンは、途中から頂点を狙う戦いへと変化した。全チームから勝点を獲得し、前年王者もアウェイで撃破し、過去最高の2位でプレミアリーグを駆け抜けた。でも、悔しい。本気で獲りに行ったからこそ、タイトルを逃したことが。残された最後のチャンス。選手権でこそ、全員で笑って優勝カップを掲げたい。

「今日の勝利で全チームから勝点を獲るという小室(雅弘コーチ)さんが掲げてくれた目標を達成することはできたけれど、2位という結果で終わったので、悔しさはあります。でも、その悔しさが選手権へのモチベーションになると信じているので、ここからの期間がより大事だと思っています」(尚志高・渡邉優空)。

 白熱の等々力決戦はアウェイチームに軍配。3日、高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグEAST第22節、2位の川崎フロンターレU-18(神奈川)と3位の尚志高(福島)がともに優勝の可能性を残して激突した一戦は、アウェイの尚志が2トップのFW笹生悠太(3年)とFW網代陽勇(3年)のゴールで2-1と勝利。他会場で首位の青森山田高が勝利したために逆転戴冠とはならなかったが、躍進のシーズンを堂々の2位で締めくくっている。


「ちょっと緊張から来るものなのか、最初の方は動きが硬かったかなと思いますね」と長橋康弘監督も振り返ったように、ホームの川崎F U-18は序盤からボールは握るものの、もう一手の思い切りが悪く、なかなかフィニッシュまで至らない。対する尚志は「試合前から回されることは想定内」とボランチを務めるMF神田拓人(3年)。きっちりブロックを敷きつつ、圧倒的な突破力を有するMF安齋悠人(3年)という“飛び道具”も忍ばせ、虎視眈々と反攻の機会を窺う。

 すると、スコアが動いたのは14分。このゲームで初めて獲得したCKをDF白石蓮(3年)が左から蹴り込み、DF市川和弥(3年)のヘディングは川崎F U-18のGK濱崎知康(3年)にファインセーブで阻まれたものの、これで再び得たCKを白石はニアへ。網代がフリックしたボールをMF若林来希(3年)が粘って残すと、笹生が頭で合わせたボールはゴールネットへ吸い込まれる。「今日は福島から応援団が来てくれたり、地元の友達も含めていろいろな人が来てくれたので、本当に決められて良かったです」と笑った関東出身の12番が見事な先制弾。尚志が1点のリードを奪う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください