Intelプロセッサ搭載「Samsung Chromebook 2」

GIGAMEN / 2014年10月29日 10時30分

Samsungが「Chromebook 2」を発表した。今頃アメリカを中心として話題を集めていることだろう。Chromebook 2については、ギガメンで既に紹介されている(サムスン電子Chromebook 2は人工皮革に被われてオシャレです)。

Chromebookとは、Googleが開発しているLinuxベースのGoogle ChromeOSを搭載するパソコンである。Linuxはオープンソースであり、世界の英知を結集して開発が進められているし、何といってもオープンということで、製品の価格を抑えることができるところが魅力である。

Googleは、スマホやタブレットにはAndroid、パソコンにはChromeOSを搭載し、両OSを使い分けることを目論んでいるようである。

gigamen_Samsung_Chromebook_2_01

やっぱり最後はインテルなのだろうか

Chromebook 2は、当初は、Exynos 5 Octa(5800)を搭載していた。そして、紆余曲折を経て今回Intel Celeron N2840 2.58GHzデュアルコアに変更した。やっぱりインテルなのかという印象は拭いきれない。

仕様としては、従前は11.6と13.3インチモデルがラインナップされていたが、今回は11.6インチモデルに限定されており、1,366×768のディスプレイ、RAM2GB、ROM16GB、WEBカメラ、Wi-Fi等必要十分な機能を装備している。

gigamen_Samsung_Chromebook_2_02

16Gの内部ストレージに加え、100GのGoogleオンラインストレージを利用するところは従前と同じであり、ここはGoogleの譲れない戦略構想のようである。Intelの恩恵なのであろうかバッテリー駆動時間は9時間を誇っており、安心してモバイルできるだろう。

249ドル(25000円前後)と魅力的な価格を提示している。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング