年金を多くもらうには? 定年後のお金にまつわるヒントたち

GIGAMEN / 2014年11月2日 7時0分

米ウェブサイト「ザ・モトリー・フール」は10月下旬、「定年後に幸せな生活を送るための“お金”にまつわる5つの秘訣」と題した記事を掲載しました。アメリカ人向けのアドバイスとはいえ、日本人が参考にできる点も多々あります。ひとつずつ見ていきましょう。

その一「投資はなるべく早く始める」

若い投資家にとって、お金よりも大切なのは「時間」と説いています。投資に関する情報を集める時間は惜しまない方が良いでしょう。

その二「置きに行く投資はしない」

老後の蓄えを単一の株に「投資」すべきでないとはいえ、銀行に預ける「貯蓄」では多くを得られません。ノーリスク・ノーリターンの原則を踏まえて「投資」に踏み出せば、多額の収益を得られる可能性も。

gigamen_Happy_Reitrement01

その三「雇用主と国税庁から一円でも多く得る」

アメリカでは、公的年金のほかに、任意加入の年金プラン(401kプランなど)が広く知られています。個人年金の積み立てにおいて、税制上の優遇措置が得られるからです。類似のプランは日本でも取り扱われています。

その四「退職について考える前に負債を完済する」

米国では65歳以上の約3割が住宅ローンの返済に追われているそうです。定年後は「未払いのローンを支払わなければ…」というストレスや心配をせずに過ごしたいもの。ひょっとしたら前項で指摘した投資が助けてくれるかもしれません。

gigamen_Happy_Reitrement02

その五「国から社会保障の恩恵を最大限受けられる策を考える」

米国の公的年金受給は、早く退職すれば、長期に渡って恩恵を受けられる半面、額自体は小さくなる仕組みです。どうすれば最大限の恩恵を得られるか、自分に合ったプランを考えることが重要です。

ちなみに、日本の国民年金受給は「付加保険料」をプラスして納めると、将来受け取れる額が増えるシステムになっています。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング