パイロットウォッチファン待望!「ナビタイマーRef. 806」が60年ぶりに復刻!

&GP / 2019年3月21日 11時0分

写真

パイロットウォッチファン待望!「ナビタイマーRef. 806」が60年ぶりに復刻!

パイロットウォッチの愛好家から絶大な人気を誇るウォッチブランド、ブライトリング。2017年に経営体制が変わって以来、新しいコレクションを意欲的に発表してきた同社より、このたび「ナビタイマーRef. 806 1959 リ・エディション」(予価:96万円/税別)が発表されました。

ちょうど60年の1959年に発売された初期ナビタイマーという極めてアイコニックなデザインをモチーフとした、ファン垂涎のプロダクトです。

1884年にスイスで誕生したブライトリング。1952年に、世界初の航空計算尺付きクロノグラフ「ナビタイマー」を発表し、世界中のパイロットから人気を集めました。

リ・エディションシリーズ第一号となる新作「ナビタイマーRef. 806 1959 リ・エディション」は、1959年版ナビタイマーのデザインを細部に至るまで再現した一本。その大きな特徴は、オリジナル同様、オールブラックのダイアルとトーンを重ねたサブダイアル、そしてダイアルに大文字で書かれたブライトリングのネームの刻印とウイングロゴです。

そして注目は、1959年版と同じく94個のビーズを装飾した回転ベゼルと、特別に製造した40.9ミリのステンレススチール製ケース。そして、高いドーム型のアクリルガラスと、同ブランドが誇る回転計算尺です。

▲細部にまでこだわった回転ベゼル

この、ディティールまでこだわりの再現を施したモデルは、防水性を3気圧にアップし、最新の蓄光塗料であるスーパールミノバを採用していますが、色調にはとりわけ大きな配慮をし、当時の趣きを残しています。

また、初期のナビタイマーに搭載されていた手巻き式キャリバーに代わり、新しく自社で開発した手巻きムーブメント「キャリバーB09」を搭載。このスイスクロノメーター検定協会公認クロノメーターは、今後も、歴史に残る手巻き式キャリバー採用モデルのリ・エディションに搭載される予定だそうなので、期待が高まります。

歴史を感じさせる伝説のリミテッドエディションは、ケースバックにシリアルナンバーを刻印し、合計1959本の限定販売。手に入れたい人は早めのチェックがおすすめです。

>> ブライトリング

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング