包丁を引き出しにしまえるって結構便利かも!

&GP / 2020年2月22日 17時0分

写真

包丁を引き出しにしまえるって結構便利かも!

普段使いの三徳包丁や野菜用の菜切包丁。最近のマストアイテムといえば、一本買いの高級食パンをサクサク切れるパン切り包丁。ちょっと料理に凝り始めたら、出刃包丁や薄刃包丁、ついに刺身包丁まで揃え始めてしまった…なんて、道具に入れ込んでいる料理男子の皆さんに朗報。

増えすぎた包丁やナイフを、キッチンの引き出しにスマートに収納できる、シンプルで美しい「ナイフマット」が登場しました。

▲「ナイフマット・スモールサイズ(5本収納)」

madesmart(メイドスマート)から登場した「ナイフマット・スモールサイズ(5本収納)」(2500円/税別)と「ナイフマット・ラージサイズ(11本収納)」(4600円/税別)は、わずか5cmの高さながら、キッチンの引き出しに包丁やナイフ類をすっきりと収められる便利な収納グッズです。

アメリカ生まれのmadesmartは、キッチンや浴室・洗面所などのサニタリー、さらにはオフィスのデスク周りなどの収納に、機能的でファッショナブルなデザインを提供する人気ブランドです。

▲「ナイフマット・ラージサイズ(11本収納)」

これまでシンク扉の内側についている収納スペースや専用スタンドなどに立てていた包丁類を、他のカトラリーと同様に、引き出しの中へとすっきりと収納できる「ナイフマット」。包丁はもちろん、ステーキナイフもこのマットを使えば安全に収納できます。

素材には、滑りにくいTPEのラバーマットを採用。表面はシンプルなドット模様、裏は滑りにくいフラット仕上げになっているので、引き出しの中でガタガタと動くことはありません。

ナイフ挿入部は、刃先を傷めないラバーガード付き。厚い包丁の収納や、引き出しの高さを考慮したミリ単位の溝寸法で、収納も取り出しも安全です。

ラインナップは5本収納用の「スモールサイズ(W106×H51×D380mm)」と11本収納用の「ラージサイズ(W208×H51×D380mm)」の2種類。引き出しを開けた時に包丁やナイフが美しく整列されていると、それだけで気持ちがあがりそう。もちろん、作業効率もアップしそうです。

>> ユーロキッチン

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング