どこでもリモートワークするには使い勝手のいいキーボードが必要だよね

&GP / 2020年5月28日 22時0分

写真

どこでもリモートワークするには使い勝手のいいキーボードが必要だよね

タブレットをノートPCライクに使いたいならキーボードは必須。常に持ち歩いて使うなら薄くて軽いほうがいい、かといって打ちにくいのやっぱり困る…と堂々巡りをしているあなたに注目して欲しいのが、サウザンドショアスから発売のiClever「IC-BK06Mate」(3370円)。

小型&薄型設計ながらもキーピッチは打ちやすい19mm。全体を半分に折り畳めばさらにコンパクトになり、レザー調の外観はそのまま持ち歩いてもおしゃれ。加えて安定性の高いBluetooth5.1対応、長時間使えるスタミナ設計などなど、欲しかった機能が満載です!

「IC-BK06Mate」は、財布のようにぱたんとふたつ折りにできる薄型ワイヤレスキーボード。折り畳んだ状態でのサイズは145×100mm、厚さ13mmで重量157gというコンパクトさです。畳んだ時に外側になる面には合皮素材のカバーがあしらわれているので、ケースに入れずそのまま持ち歩いてもスタイリッシュに決まります。

キーピッチは打ちやすい19mmで、キースイッチは軽やかなタッチが楽しめるパンタグラフ方式を採用。本体とのペアリングは3台まで対応、ボタンを押すだけで接続先を切り替えられるので、シーンに応じてPC、タブレット、スマホに切り替えながら使いこなせます。

約2時間の充電で最長60時間の連続使用ができるスタミナ設計は、特にモバイル派には嬉しいところ。キー操作が10分間なければ自動で休止状態となるスリープ機能、キーボードの開閉を感知し自動で電源オンオフを切り替えるなど、バッテリー消費を抑える機能も搭載しています。

さらに、スマートフォンやタブレットを見やすい角度に立てておける専用スタンドのおまけ付き。出先での作業もリモートワークにも役立ちそうな1台です。

 

>> iClever「IC-BK06Mate」

文/&GP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング