歪んだ世界の日本観3 セックスレスの日本人

Japan In-depth / 2017年10月13日 12時19分

歪んだ世界の日本観3 セックスレスの日本人

古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「内外透視290回」キンモンス対談

 

【まとめ】

・日本以外にも出生率の低い国はあるが、海外メディアは伝えない。

・自殺が多い、子どもの数よりペットが多い、セックスレス、引きこもり、すべて日本社会のせい、と解説する。

・欧米のクオリティーペーパーもそうした記事を定期的に載せている。

 

キンモンス:米欧のメディアや学者たちは、たとえば日本の出生率についても「文化」を持ち出します。"Japan has one of the lowest birth rates in the world."というのは、英語の記事ではもうほとんど決まり文句のようになっています。

古森:「日本は世界で最も出生率の低い国の一つである」と。

キンモンス:そのこと自体は間違っていませんが、その決まり文句以外に、同じ事実を伝える別の言い方があります。「日本とドイツとイタリアの出生率はいずれも1・4前後で、ほぼ同じである」。しかし、決してヨーロッパを引き合いに出す言い方はしない。 

古森:日本だけが変わっている、異端なんだと強調したいんですね。

キンモンス:さらに、スペイン、ポルトガル、ポーランドの出生率は日本よりも低いということを記事にすると、ではなぜ日本のことばかり書くのかということになってしまう。

古森:そういう事実は伏せて、日本がとくに悪い、特別なのだ、と言いたいわけですね。だがヨーロッパにも同じような特別の傾向を持った国が複数もあるとなると、日本特別論が成り立たなくなります。

キンモンス:そのとおり。そして出生率の低さを日本の「文化」によって説明しようとするのです。つまり、日本人は家父長的で、「男性が威張って家事をしないから」とか、「女性が差別されているから」というような記事もある。では、もし日本独自の文化が出生率の低さの説明になるのなら、なぜ日本国内の地域によって出生率の違いが生じるのでしょうか。たとえば沖縄の出生率は東京のほぼ2倍です。

古森:日本国内で2対1の差があるということですね。日本人全体の文化だとすれば、それほどの差は生まれないはずだ。

キンモンス:それに、日本は保守的だから出生率が低いといっても、保守的とみられている県のほうがかえって出生率が高い。たとえば鹿児島、佐賀……。

古森:女性が従順で、男性が威張っているというイメージのある県という意味ですね。

Japan In-Depth

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング