対韓輸出優遇見直しの理由(下)欧米の人種関係に害

Japan In-depth / 2019年8月16日 11時0分

対韓輸出優遇見直しの理由(下)欧米の人種関係に害


岩田太郎(在米ジャーナリスト)


「岩田太郎のアメリカどんつき通信」


【まとめ】


・韓国の主張は欧米諸国の歴史的正統性を脅かす。


・韓国併合が無効ならば、米国のハワイ併合も無効になるはず。


・朝鮮人は植民地支配の被害者でもあり、日本の協力者でもあった。


 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=47447でお読みください。】


 


韓国側の対日宣伝戦といかに効率的に戦うべきか、連載の前回は「覇権拡張を企てる中国に寝返った韓国の反日は、欧米の価値観や自由や経済的利益を害する」という観点から、いかに国際社会に対して韓国の害悪を説くべきかを地政学的観点から解説した。


最終回の今回は、韓国側が広める「1965年の日韓基本条約は無効」「1910年の日韓併合条約は国際法違反で無効」との認識が、いかに白人欧米諸国の成り立ちを否定し、元植民地や国内の有色人種からの賠償請求や領土放棄などにつながる「パンドラの箱」を開けることになるかを、それら諸国に理解させる道筋を示す。


また、米国において韓国系米国人が先住民や黒人などの権益を損ねる「白人支配の先兵」の有力な勢力であり、「植民地支配の被害者としての正統性」という主張が正確ではないことも示し、韓国の宣伝戦の「根拠」を突き崩す。


 


■ 脛に傷持つ欧米の弱点を利用


欧米諸国においては、韓国が日本の苛烈な植民地支配の被害者であったという認識が広範に行き渡っており、特に従軍慰安婦が多数強制連行され、日本兵の性暴力の対象になったとのナラティブが主流である。


この場合の日本人の立ち位置というのは、日本以上に過酷で残虐な植民地支配を行ってきた欧米人が、自分たちと同等、あるいはそれ以上にひどい植民地化を行った有色人種だ。


白人たちは日本の不正義の被害者の側に付くことによって「不正義をくじく正義の白人」という自己イメージを作り上げ、自分たちの先祖の悪行の償いとし、自分たちの過去に対する無実のアリバイを得るという倒錯した構図である。


また、韓国の主張を言い値で受け入れることは、「女性の被害者の言い分は検証しなくてもすべて真実」という欧米白人フェミニズムの根幹的主張と重なるため、フェミニスト言説が言論空間を支配する欧米において有用とみなされる。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング