【エンタがビタミン♪】元NMB48・松田栞が“ゾンビ地獄”を体験。元アイドルとは思えぬ形相で金切り声。

TechinsightJapan / 2015年9月16日 13時40分

写真

USJハロウィーンイベントの1つ『ストリート・ゾンビ』をボクシングWBA世界フライ級チャンピオンの井岡一翔さんやオカルト研究家・中山市朗さん、そして元NMB48の松田栞が体験した動画が公開中だ。ゾンビなど平気だと余裕を見せていた3人だが、その怖さに大絶叫。なかでも松田栞はすごい形相で涙ながらに叫んでいた。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』を11月8日(日)まで期間限定で開催している。「USJのハロウィンやばいやろw」と話題のハロウィーンイベントで特に注目されているのが、昨年以上にパワーアップした夜の『ハロウィーン・ホラー・ナイト』で繰り広げられる『ストリート・ゾンビ』だ。

ジャンルの違う3人がその『ストリート・ゾンビ』を体験した動画『ハロウィーン:あの人を最恐ゾンビに会わせてみた』が先行公開され、USJツイッター公式アカウントより配信したところ23,000回のリツイートを超える大反響となった。

“ゾンビ地獄”に遭遇する前に受けたインタビューで、WBA世界フライ級チャンピオンの井岡一翔さんは「恐怖は相手ではなく自分との戦い」「どんな相手が来ても迎え撃つだけですね」と貫禄のコメント。オカルト研究家の中山市朗さんは、職業的に慣れてしまい「怖さの感覚がわかんない」と余裕さえ見せた。また、元NMB48で現在はモデルとして活躍する松田栞は「相手が何であってもいつもそういう気持ちを忘れずに笑顔で…」と元アイドルならではのポリシーを語っていた。

ところが、それぞれ暗がりでゾンビに襲われると大声で「やめて! やめて!」「アカン! アカン! アカン!」と逃げ腰となり、松田栞にいたっては喉の奥まで見えるほどの大口を開けて絶叫を連発。笑顔を見せたのは終わってホッとした時だった。3人とも事前の自信が吹っ飛んでしまうほど怖かったようだ。

この動画ははじめに「CAUTION この映像には、一部暴力シーンやグロテスクな表現が含まれます…心臓の弱い方、心身の健康状態が不安定な方は視聴をお控えください…」と注意書きがある。3人のリアクションを見たい気持ちは分かるが、十分に自問して視聴するか判断しよう。

■『ハロウィーン・ホラー・ナイト』
・開催日時 :2015年9月11日(金)~11月8日(日)
※9月・11月は期間中の金・土・日・月・祝、10月:全日(10月29日を除く)

詳細は専用サイト『USJ ハロウィーン・ホラー・ナイト 夜は「ホラー」で大絶叫』にて(http://www.usj.co.jp/halloween2015/)



(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング