【エンタがビタミン♪】山口真帆写真集カットに「お大胆さま」の声 “NGT48問題”真相霞むなかAKSと人気対決突入の様相

TechinsightJapan / 2019年9月17日 14時20分

写真

NGT48を5月に卒業した山口真帆が、5月25日付で移籍した芸能事務所・研音から自身初となる写真集『present』を9月17日の誕生日に発売した。これに先駆けて山口真帆が12日にTwitterで「本日発売の『sweet 10月号』で、写真集カットがいち早く公開されています! ぜひチェックしてください」と告知、さらにカットの1枚を投稿して反響を呼んでいる。

1970年代に活躍して日本でも『チェリー・ボンブ』が大ヒットしたアメリカの女性ロックバンド、ザ・ランナウェイズを彷彿とさせるランジェリー衣装に身を包む山口真帆。その姿に「わーーーー お大胆様過ぎますよー でも多くのフォロワーさんも購入されてますよ! 写真集が手元に届くのが本当に楽しみです」、「お大胆さまな写真集なのがこのカットからも伝わりますね」などの反響があった。

「お大胆さま」とは山口真帆が8月27日にゲスト出演した生放送のラジオ番組『Skyrocket Company』(TOKYO FM)の影響から呼ばれるようになったもので、今回の写真集『present』を「お大胆さま」の別名で呼ぶファンもいるようだ。

写真集のカットだけでこれほど反響があることから山口真帆の人気ぶりがうかがわれるが、ネット匿名掲示板では早くから「吉成を見返すには写真集『お大胆さま』を買え!」、「AKBの救世主様より売れるの確定してるけど」といった書き込みが見受けられた。

『文春オンライン』が8月27日付、9月7日付と吉成夏子・AKS社長の音声や山口が暴行被害に遭った時に駆けつけたNGTメンバーと犯人の男を追求する音声を公開。「山口がもともとファンと繫がっていた」という“NGT48問題”の真相は山口真帆にも責任があると取れるような趣旨で報じた。

ただ、山口サイドは反論するでもなく静観している模様だが、このタイミングで写真集『present』を発売したことに、AKSが運営するAKB48の次世代エース・矢作萌夏の初写真集『自分図鑑』(8月7日発売)と比較されるのは必至だろう。

矢作萌夏には直接関係ないものの、AKB48の運営母体がAKSとあり“山口真帆 VS NGT48運営”の人気対決として注目されそうだ。

ちなみに矢作萌夏1st写真集『自分図鑑』は、オリコン週間 写真集ランキングで2019年8月19日付(2019年8月5日~2019年8月11日)にて2位(推定売上部数:6,604部)と健闘を見せ、8月26日付で4位(推定:1,172部)、9月2日付で10位(推定:350部)という状況だ。

一方の山口真帆1st写真集となる『present』の販売告知が8月1日にされると、8月2日のAmazonランキング・タレント写真集部門で予約ながら1位を記録。山口ファンからはネットで「矢作萌夏写真集に圧勝」の声も出ていた。果たして両者による1st写真集の人気対決はどうなるのか動向を見守りたい。

画像2枚目は『山口真帆 2019年9月12日付Twitter「本日発売の「sweet 10月号」で、写真集カットがいち早く公開されています!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング