【海外発!Breaking News】フサフサ金髪で“完璧”なヘアスタイルの赤ちゃんに「こんな子見たことない!」(米)

TechinsightJapan / 2021年1月19日 21時0分

写真

米ハワイ州で昨年10月、フサフサの髪を持った男児が誕生し、今月に入りSNSで紹介されて注目を集めている。男児は金髪で完璧なヘアスタイルをキープしており、「こんな赤ちゃん見たことない」といった声があがっているようだ。『Metro』『Daily Star』などが伝えた。

米ハワイ州オアフ島に住むデリクさん(Derik)とサラ・ビーストンさん(Sarah Beeston)との間に昨年10月中旬、ジャック・ポール君(Jack Paul)が誕生した。

ビーストン夫妻は第1子であるジャック君の誕生を心待ちにしており、デリクさんはサラさんの全ての検診に付き添い、陣痛が始まると一緒に病院に行ってサラさんを励ました。



サラさんの出産の様子はカメラに収められており、陣痛が最高潮に達すると分娩室に緊張が走った。そして元気なジャック君の泣き声が響き渡ると、その場は安堵と感動に包まれた。

しかしジャック君を一目見た助産師は、涙を流して感激している夫婦にこう伝えたのだ。

「この子には髪の毛が生えているわよ。それもかなりの量のね!」

デリクさんによると、検診の時のジャック君は全く毛が生えていなかった(ように見えた)そうで、出産時にフサフサの金髪で現れた男児に衝撃を受けたという。



そして今月13日、サラさんがTikTokで誕生後に撮影されたジャック君の写真を紹介すると、5日間で再生回数が910万回を超えた。動画の中でサラさんは「夫に『妊娠中はずっと赤ちゃんに髪は生えていなかった』と言われた」と説明し、あの髪に「私たちはショックを受けた」とも明かしており、ジャック君の髪に注目したユーザーからは次のようなコメントが届いた。

「本当に新生児? こんなに美しい赤ちゃんは見たことがないわ。」
「金髪! それもフサフサ。これはすごいぞ。」
「ヘアスタイルが完璧すぎる。」
「まるで一流シェフのゴードン・ラムゼイのようだよ。今すぐにでもテレビに出演できそうだね。」
「このヘアスタイルなら、教授になれるよ。」
「両親と同じ髪色! きれい!」
「将来はモデルかしら?」
「金色だから、わからなかったのよ。」
「10代になった頃に、もう一度この子を見てみたい。」
「赤ちゃんの髪だから、この先フサフサのままかどうかはわからないわよ。」
「この髪はやはり、遺伝子が関係しているのかしらね?」
「ママのホルモンじゃない?」
「私は誕生後しばらく、髪が生えなかった。こんなフサフサの髪は羨ましい。」



ちなみに2019年にはオーストラリアで、生後4か月にして大人顔負けのフサフサの髪をもつ男の子がSNSを賑わせた。また2018年には、生後5か月にして「イギリス一髪の多い赤ちゃんでは?」と評判の女の子が話題となった。ちなみにこの女の子の場合、生まれる前の検診で黒々とした髪の毛が確認できたそうだ。

画像は『Sarah Beeston 2020年10月21日付Instagram「Jack Paul Beeston」、2020年5月27日付Instagram「We’ve had a few ultrasound appointments」、2020年11月6日付Instagram「Introducing my new lock screen...」、2020年12月27日付Instagram「5 years ago around this time I called Derik the wrong name」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング