【エンタがビタミン♪】安達祐実、「口の悪さ」が離婚の原因に? 好きなタイプは「面白い人」。

TechinsightJapan / 2014年11月1日 18時40分

写真

女優の安達祐実が、お昼のバラエティ番組『バイキング』に出演して再婚願望や男性のタイプ、そして離婚した元夫の井戸田潤(スピードワゴン)について語った。この日の企画で、占い師のゲッターズ飯田から運勢を見てもらった彼女は、井戸田との「復縁は無いです」と鑑定されたが、その意外な反応に番組レギュラーの薬丸裕英も驚いた。

映画『花宵道中』(11月8日公開)で主演する安達祐実が10月30日の木曜『バイキング』(フジテレビ系)にVTR出演した。薬丸裕英、フットボールアワー・岩尾望とグルメロケを楽しみながら、ドラマ『家なき子』時代の思い出や今回の主演映画でヌードに挑戦した心境などを話してくれた。

1984年に子役として芸能界デビューした彼女も33歳となる。これまでで一番印象に残る仕事はやはりドラマ『家なき子』(1994年)で、視聴率が伸びるにつれ「ロケに出ても、すごい人だかりになった」と当時を振り返った。12歳だった彼女はその時、「オーバーオールを着て、首からがま口を提げた女の子の姿を見かけるようになり」影響力を実感したそうだ。

今回、主演する『花宵道中』ではヌードシーンもあるが、それについては「数年前から、役の中で必要があれば脱いでもいいと話していたので、特に抵抗は無かった」と明るく答えている。

ヌードシーンについて薬丸裕英が「アップの場面とかは別の人の裸による別撮りとかがあるけど、どうなの?」と追及すると、彼女は「それは全く無かったですね」と断言。「ただ、アップで撮る時はカメラを回す時間がちょっと長いなと思いました」とイタズラっぽく笑った。

そんな安達祐実の運勢を占おうと、ゲッターズ飯田が登場。彼女の性格を「繊細で気品の高い心と、“どうでもいいや、なんとかなるさ”という超テキトーが混在している」と鑑定した。的中しているので目を丸くする安達祐実だったが、さらに「ウラ側で口が悪くなる」と指摘されると、図星だったらしく「すごーい! 車の運転中とか、ホントに、ちょっと口が…うふふふ」とごまかしていた。

自ら「再婚や恋愛についてはどうですか?」と質問した彼女は「ずっと1人は、やっぱり寂しいと思うし、頼りたい願望がある」と明かす。ゲッターズ飯田は「2019年か2021年に再婚する」と占い、「安達祐実さんは、元々、夢を追いかける人に弱い。頑張っている“芸人”、“バンドマン”、“役者”などに『将来こうなります』と夢を語られると好きになっちゃう」と鑑定。彼女も「自覚は無かったけど、結果的にそうだったですね」と井戸田潤を思い浮かべて「確かに、応援したいなとは思ってました」と認めている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング