「受験料制度」が日本の就活に投げかける問題提起

JIJICO / 2014年11月15日 10時0分

写真

「受験料制度」が日本の就活に投げかける問題提起

ドワンゴ、波紋を読んだ「受験料制度」を継続

動画投稿サイト「ニコニコ動画」を運営する株式会社ドワンゴは、2015年春入社の新卒採用試験から導入した「受験料制度」を2016年春入社も継続すると発表しました。徴収は、1都3県在住の受験生に限定され、今年の受験料は3,000円。算定根拠は、1次試験(書類選考)までにかかる実費約6,000円を、ドワンゴと受験生で半分ずつ負担した金額とのこと。

ドワンゴ側の見解は、受験料を徴収することにより「本当に当社で働きたいと思っている方」だけが受験することになり、その分、採用活動に時間をかけ、一人ひとりの潜在能力を見極めたいとしています。

ドワンゴの狙いは、現代の不毛な就活シーンの変革

ドワンゴが2013年12月に、前代未聞ともいえる入社試験の「受験料制度」を導入すると発表した際、大きな話題になりました。その際、ドワンゴ会長の川上量生氏はインタービューに対し、「受験料制度」導入の真の狙いは、正常なものとはいえない現在の日本の就活状況に対する問題提起であり、現状に一石を投じたいから、と述べています。

企業における採用活動・学生の就職活動は、本来「企業と社会の未来をつくる行為」であったはずです。企業が必要とする人材は、利益を生み出せる能力であり、利益を生み出す仕組みを考えることができる人材です。しかし、現代社会の就活は、学生は就職活動情報サイトの利便性のもと、サイト上から大量のエントリーを行うことが一般的になりました。大量エントリーを受ける企業側は採用の手間ばかりが増え、本当に必要な人材を見極める十分な時間をかけることが困難な状況に陥り、結果として候補者を一括で足切りしながら選考します。その結果、学生にとっては「就活は落ち続けるのが当たり前」という不幸な負のスパイラルが起こっています。

企業は学生に自己分析を求めながら、実際はSPI (総合適性検査)や学歴で足切りを行っていると言っても過言ではありません。学生は「エントリーから先に進めない」「落ちる理由が理解できない」という体験が何十社と続き、自分の存在を全否定され、確実に疲弊していきます。就活の当事者である学生・企業・大学のそれぞれが徒労感を感じながら、誰もメスを入れることができないのが実態です。ドワンゴの「受験料制度」が就活に投げかける問題提起は、不毛な就活シーンの変革を狙ったことが発端となっていることがわかります。

企業の採用方法に試行錯誤が加えられることに期待

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ジジコ

トピックスRSS

ランキング