【STAP細胞】小保方さん会見で「陰謀論のヒロイン」と化す可能性

東京ブレイキングニュース / 2014年4月9日 11時7分

写真

 STAP細胞を巡る小保方氏の論文捏造騒動が収まる気配を見せない。読売新聞の報道によると、理化学研究所(理研) がSTAP細胞の論文捏造問題に関する最終報告書に使用した画像4点を、理由の説明なく削除していたという。この画像は、小保方氏が「正確なデータと差し替えて欲しい」と理研に提出したもの。

 同読売新聞の取材に対し、理研は「論文として未公表であるため、調査委員会に提出されたデータでも公表できない」と削除理由を説明した。また、最終報告書だけではなく中間報告書からも同様にデータが削除・修正されていることも発覚し、事態は混迷の一途を辿っている。

 これまでは小保方氏及びその研究チームが一方的に捏造行為を働いたという見方が多数派を占め、理研へ向けた批判があったとしても、それは理研のみならず "日本の団体さん"に共通する隠蔽癖・陰険さ・自己保身優先......といった悪い体質についてだけだった。だが今回の怪しすぎる動きにより、「STAP細胞問題の真犯人は誰なのか?」という疑惑までもが浮上してしまったと言えよう。

 さて、小保方騒動やSTAP細胞の存在自体の真偽についてはより詳しい専門家にお任せするとして、ここでは少々切り口を変えて考察してみたい。

[詐欺に使われる可能性]

 ここまでの経緯から予測できる"最もよろしくない展開"は、小保方氏という巨大な陰謀に潰された悲劇のヒロインが誕生し、STAP細胞という眉唾ものの存在が「もうすでにここにある物」として伝え広められてしまう事だ。現時点では「あるかないか解らない」もしくは「ないと看做すしかない」存在であるはずなのに、理研のマズ過ぎる対応と、小保方氏の捨て鉢の反撃が続くようならば、一般庶民は混乱するだけで何が正しい情報なのか解らなくなる。そうなれば、胡散臭い詐欺師連中はこぞって「STAP細胞ありマス」「STAP細胞はじめました」と喧伝し始めるだろう。

 仮にSTAP細胞という具体的な名称を使わずとも、「巨大権力によって隠蔽されたあの最新技術を活用した全く新しい健康法・健康グッズ・サプリメント・パワーストーン......です! 買ってくださいor投資しませんか?」とでも謳えば、老人から年金をむしり取るくらいの成果は挙げられる。この場合、ごく少数からむしれるだけむしればいいのだから、それほど大きなパブ展開は必要ない。いつも通りの対老人用詐欺ルートでDMや電話営業を頑張れば、詐欺グループが充分食えるだけの収益が見込める。

東京ブレイキングニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング