目黒の昏睡強盗「声優のアイコ」はやはり男? 逆ナンされた人物が注目証言

東京ブレイキングニュース / 2014年5月5日 13時42分

写真

 先日、都内で、美女が睡眠薬入りの酒を飲ませて昏睡強盗するという古典的な手口の犯行が報じられた。4月4日には「msn産経」にこんな記事が掲載されている。

【相談持ちかけ睡眠薬入りの酒飲ませ強盗 容疑者の女、画像公開】

 目黒区で昨年12月、男性が睡眠薬を飲まされて腕時計などを奪われる昏睡強盗事件があり、目黒署は3日、容疑者とみられる女の画像を公開した。

 同署によると、女は昨年12月14日午後、転居の相談をしていた目黒区の不動産業の男性(32)の自宅マンションを訪問。男性に睡眠薬の入った酒を飲ませ、翌15日に男性が目を覚ますまでに、部屋から腕時計など3点(計45万円相当)と現金5万7千円を盗んだとみられる。男性の尿からは睡眠薬の成分が検出された。

 女は26~30歳ぐらい、身長約155センチ。同年10月ごろから男性に「転居したいので部屋を紹介してほしい」と相談していたという。

 公開された画像は、マンション近くのコンビニエンスストアで食べ物などを買う様子で、茶色い斑点がついた白いベレー帽に紺色ダッフルコート、ピンクとベージュ色のミニスカートに黒いストッキング、茶色いブーツを履いていた。

 公開された女の画像は、女優の加藤あい似と一部で騒がれた美女だったが、そのボーイッシュな佇まいは気のせいか骨ばっていて、美人オネエ風でもあった。ネット上でも、「実はウィッグをつけた男なのでは」とする声が少なくない。実はこの"加藤あい似"の昏睡美女強盗は、今回犯行が発覚した目黒、恵比寿界隈では知る人ぞ知る存在だった。

「こいつ、知ってますよ。でも女じゃないですよ」

 中目黒に在住するEさん(40・運送業)も公開された写真を見て、すぐにピンと来た一人だ。

「半年ほど前に、恵比寿のバーで会いました。その日は仕事が早く終わったので飲んでたんでたら、"彼女"も店にいたんです。その後、2~3時間一緒に飲んて、その後、2軒目に行こうと言う話になった。そこで彼女は私の部屋に行きたいと言うんですよ。それも執拗に」

 ここまでは被害に遭った不動産業の男性と同じパターンである。だが、不幸中の幸いかAさんには自宅へ彼女を連れ込めない、ある深刻な事情があった。

「普段から自宅に女性が来るというケースが考えていかなかったので、ゴミ屋敷状態だったんですよ(苦笑)。アダルトDVDはそこらに散乱しているし、散らかり放題で。そこでどうにか個室のあるバーに連れ込むことに成功したんです。そこで盛り上がったら部屋に行こうと話をして」

 だが、この二軒目の個室バーで、"彼女"は徐々にその本性を現すことになる。

「年収とか持っている車とか、クレジットカードは何を持ってるのかとか、その腕時計高いですよねとか、とにかく婚活パーティーの女みたいに、色々と収入に関することばかりを聞いてくるんです」

 Aさんはまだこの時も、"彼女"が女だと信じていた。

「ハスキーな声してるな、とは思っていたんですけどね。個室バーで盛り上がってきて、キスだけのつもりだったんですが、さらに胸を触ろうとしたらかなり拒まれて、胸は無理かと思って股間に手を伸ばしたら......そこが膨らんでたんですよ。同じ男なんだから、その感触が何なのかは分かりますよね。そこで私もパニックになってしまい、『もしかして男なの?」と問い質したんです。そしたら、彼女は『違うの、違うの』と言いながら、自分の荷物をまとめて逃げるように出て行ってしまいました。男と濃厚なディープキスしてしまったショックでその後、10分くらい動けませんでしたね(苦笑)」

 その後、一連の報道で"美女強盗"を知ることになり、Aさんは警察に情報提供をしている。

「警察には事の顛末を話しをしました。もしかしたら事情を聞くかも知れないからその時は協力してくれ、と言われています」

 この画像が公開されて約一ヶ月が経つが、警察は依然として加害者は女性と断定したままだ。もし、Aさんが言うように犯人が女装している男だったら、この捜査は難航を極めるだろう。"彼女"は普段、このような服装や髪型では生活していないと思われるからだ。

 中目黒、恵比寿エリアはラブホテルも点在し、援助交際の待ち合わせに使われることも多い。都会の盲点で起きた悪質な事件である。早期解決をのぞむばかりだ。

Written by 原田誠

【注目記事】

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング