4Kテレビは大コケ「3D」の再来か? アダルトコンテンツとの相性は...

東京ブレイキングニュース / 2014年9月5日 18時0分

写真

ハイビジョンの四倍の画素数 「4Kテレビ」は流行るのか?

 今年から「4Kテレビ」の話題が本格的に流れ始めている感があり、人によっては 「2014年は4K元年になる!」 とまで息巻いている。 4Kとは、簡単に説明するとフルハイビジョンの4倍の画素数を持つ高画質映像のこと。

 こうした技術の進歩を否定するつもりはさらさらないのだが、今現在の人々のライフスタイルを考えると、このような超高画質映像は全く出番がないまま終わる可能性の方が高いと思われる。

 というのも、4Kの映像は現時点では超高価なテレビ(もしくはプロジェクター)などを買わねば楽しめず、4K画質を楽しむためだけに2~300万円なんてお金を使える家庭がどれだけあるのかという話だ。 時間が経てば値下がりするとは言われているが、それでも50万円程度が下限と目されており、庶民の立場からすると全く縁のない物となりそうだ。おそらく4K画質が安価に制作・放送できる土壌が整ったとしても、それを楽しめる場は映画であるとか、ショーであるとか、箱物商売に限定されてしまうのではないだろうか?

 また、その頃にはすでに新しい技術が誕生し、そちらの売り込みが始まっているであろうと予測される。 これには前例があり、4Kが騒がれ出した頃(2010年頃) に映像の分野で何が話題になっていたかというと、今では大コケの代名詞になりつつある3Dなのだ。

 皆さんは一時期アレだけ猛プッシュされていた3D映像を、自宅で気軽に楽しんでおられるだろうか?  おそらく一部の酔狂な方を除いて、殆どの日本人が興味を持っていないと思われる。

 それもそのはずで、今ではそもそも 「テレビで映像を見る」 という大前提すら崩れているのだから、リビングでソファーに腰掛けてゆったりと3D映像を楽しむといった、企業が理想とする庶民の暮らしなど夢物語に過ぎない。テレビ・PC・スマホ・タブレットと、映像を見るためのメディアが増えすぎているため、どれかひとつに多額の投資をするという発想にはなり辛いのである。また、中でも最も不便なのが据置型のテレビなのだから、そこに大金を使える人など少数派であろう。

 この 「テレビは不便である」 という前提を、日本企業は全く理解できていない。 新しい技術を用いて客を取り戻そう、経済を回そうという発想なのかもしれないが、今の日本人はそこまで超美麗な映像など求めていないのではないだろうか?

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング