妊活、育児が過酷すぎて日本人は絶滅危惧種へまっしぐら

東京ブレイキングニュース / 2015年1月7日 20時35分

写真

 新年最初の記事でこのような私事を報告するのもいかがなものかと思うが、昨年12月に39歳にして第一子が誕生した。30代後半の夫婦の間にすこぶる健康な子供がやって来てくれたのはとても喜ばしい事なのだが、子供の誕生から数日後にかねてから余命宣告を受けていた父親が死去。なんとか父の命がある内に孫を抱かせ、ついでに名前を考えさせる事は出来たのだが、喜んでいいやら悲しんでいいやらで頭がパンク。あまりと言えばあまりのプラマイゼロな展開に、年末年始を無の境地で過ごす事となってしまった。

 それはともかく、この歳まで自分勝手にフラフラ生きて来てしまった身としては、妊娠~出産~育児にかかる手間と精神的な疲労感の大きさ、そして何より金銭的な負担に、途方も無い不安を感じてしまう。出産にあたって約40万円の一時金が貰えるという話だけは知っていたので、それで殆ど賄えるのだろうと甘く考えていたが、これが恥ずかしいほどの大間違い。妊娠は病気とみなされないため健康保険が効かず、平均50万円ほどの出産費用が掛かると言われているが、それは出産適齢期にある若い世代の話だろう。私達のような高齢出産で初産というケースになると、万が一が恐ろしくて設備の良さで相場より高い病院を選んでしまい、出産のために必要最小限な物を揃える事も考えると、到底そんな金額では収まらない。

 しかも赤ん坊を家に迎えるにあたって必要な物も別途用意せねばならないので、ざっくり計算して100万円ほどが一瞬でどこかへ消える。そこに何十万円か入ったとしても、そんなものミルク代とオムツ代と赤ちゃん本舗通いで大赤字だ。今後子供が大きくなれば幼稚園だ小学校だと幾らでもお金が掛かるし、子供が大学に行くかどうかという時期に私は還暦目前。自分の事よりも我が子の将来が不安で仕方ない。

 さて、子供が無事に産まれたら産まれたで不安だらけにはなるが、更にしんどいだろうと思うのは現在妊活中の夫婦である。私の場合は嫁とその気になってイチャイチャしてたら出来たという恥ずかしいほど動物的な話なのでどうでもいいのだが、同じアラフォーで何年も妊活や不妊治療を続けている皆さんを見るといたたまれない気持ちになる。

 芸能界では松たか子が酒もタバコも仕事も断って妊活に専念した結果、無事に妊娠する事が出来たというニュースが昨年11月に報じられたが、世の中そう上手く行く男女ばかりではない。同じ芸能界の話題だと、昨年12月に石田純一夫妻が第二子を化学流産したという報道があったし、妊活に必死になり過ぎて夫婦仲が崩壊し、子作りどころの話ではなくなったケースが芸能界に限らず身近にだっていくつもある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング