男性が喜ぶ! 気遣い女子になれる簡単テクニック

恋学 / 2014年4月19日 3時30分

入学、就職、転勤と、出会いの多い4月。そんな出会いの季節も半ばが過ぎました。職場や学校の男性たちとの関係はうまく築けていますか? 気になる彼に出会った方もいるかもしれませんね。彼から一目置いてもらえるのが気遣いのできる女子。でも、「自分は気が利かない女子だから難しい……」なんて思っている方もいませんか? それに、飲み会のときに進んでサラダを取り分けるようなテクなんて、「アテクシ気が利くでしょ?」と言わんばかりで、狙っている感満載で興ざめされてしまうことも。そこで、嫌みなく超簡単に気遣い女子になれるテクをご紹介いたします。

20140419

 

「いってきます」「ただいま」「いただきます」「ごちそうさま」を言う

一人暮らしの女子だと、誰もいない部屋に向かって「いってきます」「ただいま」「いただきます」「ごちそうさま」など、口に出して言う人は少ないでしょう。しかし、部屋に誰もいなくたって、「いってきます」や「ただいま」を自分自身に言い聞かせることで気持ちの切り替えができます。

毎日習慣づければ、デートのときだって自然に「いただきます」や「ごちそうさま」を言えるはずです。そうすれば男性にも好印象間違いナシ!

部屋や鞄の中を綺麗にする

部屋を綺麗にしておいて良いに越したことはありません。整理整頓された部屋にいると、気分まで明るくなります。整理整頓が身に付けば、職場で彼が見ている前でもささっと資料をまとめられて感心されるかもしれませんよ。

また、あまりにも汚部屋で部屋全体の掃除のレベルが高過ぎるという方は、トイレだけとか玄関だけとか、どこか一部だけを綺麗にするだけでも充分です。しかし、それもレベルが高いと思う方は鞄の中の整理をしましょう。気になっていた女子の鞄の中がちらりと見えたとき、中身がぐちゃぐちゃで引いた……なんて男性は意外と多いものです。

新聞やニュースを読む

社会人として、新聞やニュースは読んでおきたいところ。しかし、バタバタしている朝に新聞を読んでいる暇なんかないし、第一新聞をとっていないという方もいるでしょう。

そういう方は、通勤中の電車の中でスマホのニュースアプリを読むという手があります。気になる彼に、「こんなニュースあったけど……」という世間話のきっかけになるし、きちんと社会に目を向けている知的なコなんだなと思ってもらえそうです。

日常生活の中で気遣い女子はつくれる!

気張ったテクを使わずとも、日常生活の中で少し工夫するだけで気遣い女子はつくれます。気になる彼から「おっ!気が利くね!」と言ってもらえれば恋愛に発展することも期待できるかもしれませんよ。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング