1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

スタイルも使い勝手もヨシ! それなのにヒットしなかった車3選

くるまのニュース / 2021年10月7日 6時10分

日本の自動車市場では月間2万台近くを販売する大ヒット車がありますが、販売目標に届かずに消えていってしまうモデルもあります。そんな不人気車が決定的にダメなクルマというと、そんなことはありません。そこで、ヒットしても不思議ではなかったクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

■ヒットしなかったのが悔やまれたクルマを振り返る

 現在、日本の自動車市場で、もっとも売れている登録車はトヨタ「ヤリス」です。平均すると月間2万台近くを販売しています。

 また、軽自動車ではホンダ「N-BOX」がトップセラーで、2020年までの4年連続販売台数1位に君臨し、2021年5月末時点で累計200万台を突破。発売して以来9年5か月での200万台達成は、同社最速の記録です。

 このように大ヒットするクルマがある一方で、販売目標をクリアできずに消えていってしまったクルマも数多く存在します。

 しかし、不人気だったクルマは致命的にダメなクルマかというと、そんなことはありません。なかにはデザインやパッケージング、走りが好評だったにも関わらず、さまざまな理由でヒットしなかったモデルもあります。

 そこで、ヒットしても不思議ではなかったクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

●スバル「トラヴィック」

優れた走りが高く評価された稀有なミニバンだった「トラヴィック」優れた走りが高く評価された稀有なミニバンだった「トラヴィック」

 現在、国内市場では3列シート車をラインナップしていないスバルですが、かつて販売していた3列シート車の1台が「トラヴィック」です。

 トラヴィックは2001年に発売された7人乗りミニバンで、オペル「ザフィーラ」のOEM車であり、生産はGMのタイ工場でおこなわれました。

 ボディサイズは全長4315mm×全幅1740mm×全高1630mmとコンパクトで、外観は比較的シンプルなスタイルのデザインですが、ボンネット前端を低くしてルーフ後端までワンモーションのフォルムがスポーティな印象です。なお、後部ドアはヒンジ式を採用していました。

 室内は3列シート車としては標準的な広さで、3列目シートは2列目シートの下に格納してフラットな荷室となる、ユニークなシートアレンジとなっていました。

 搭載されたエンジンはGM製の2.2リッター直列4気筒DOHCで最高出力147馬力を発揮し、後に125馬力の1.8リッターエンジンが追加されました。全グレードともトランスミッションは4速ATで駆動方式はFFです。

 そして、トラヴィック最大の特徴だったのが走りで、欧州で鍛えられた足まわりはフロントがストラット、リアがトーションビームとオーソドックスな型式ながら、トラヴィック専用のダンパー設定などにより、乗車人数や荷物積載量に関わらず、優れた乗り心地と高い操縦安定性・直進安定性を両立し、実際に高く評価されました。

 また、価格はベーシックなグレードで199万円(消費税含まず)と、同時期に販売されていたザフィーラよりも100万円近く安価で、安全装備も充実しているなど魅力的なモデルのはずでした。

 しかし、国産ミニバンという競合車が数多いなかヒットするには至らず、トラヴィックは走りが評価された稀有なミニバンでしたが、2005年に販売を終了しました。

●ホンダ「クロスロード」

スクエアなフォルムが秀逸な3列シートSUV「クロスロード」スクエアなフォルムが秀逸な3列シートSUV「クロスロード」

 ホンダは1980年代初頭に起こったRVブームの頃、ランドローバー「ディスカバリー」のOEM車である初代「クロスロード」を販売していました。しかし、人気とはならずに1998年に販売を終了。

 その後2007年に、ミニバンの2代目「ストリーム」をベースに開発されクロスオーバーSUVである、2代目クロスロードが登場しました。

 ボディサイズは全長4285mm×全幅1755mm×全高1670mmと、ショートボディながら全幅を比較的ワイドに設定しており、デザインはSUVらしい直線基調のボクシーなフォルムです。

 室内は3列シート7人乗りとなっており、コンパクトなボディながら優れたユーティリティを実現しました。

 搭載されたエンジンは最高出力140馬力の1.8リッター直列4気筒i-VTECもしくは150馬力の2リッター直列4気筒で、駆動方式はFFと4WDが設定されました。

 2代目クロスロードはボクシーなフォルムの恩恵で車体の見切りが良く、ショートボディも相まって日常の使い勝手の良い3列シートSUVのはずでしたが、当時は評価されずに販売は低迷。

 そのため発売からわずか3年半後の2010年に、販売を終了しました。しかし、近年のSUV人気の高まりからスタイリングやパッケージングが再評価されて、中古車の人気が上昇中です。

●三菱「ギャランフォルティス スポーツバック」

スタイリッシュなデザインで基本性能も高かった「ギャランフォルティス スポーツバック」スタイリッシュなデザインで基本性能も高かった「ギャランフォルティス スポーツバック」

 三菱のハイパフォーマンスモデルといえば「ランサーエボリューション」シリーズですが、その最後のモデルとなった「ランサーエボリューションX」のベースとなったのが、2007年に発売された「ギャランフォルティス」です。

 発売当初、ギャランフォルティスは4ドアセダンのみの展開でしたが、2008年に5ドアハッチバックの「ギャランフォルティス スポーツバック」が登場。

 フロントフェイスや基本的なフォルムはセダンを踏襲していましたが、後部をなだらかに傾斜したハッチバックとすることで、スポーツバックの名にふさわしいスタイリッシュなフォルムです。

 内装もセダンと共通で、スポーティなインパネまわりに、余裕ある室内空間を実現しました。

 エンジンは全グレードとも2リッター直列4気筒で、最高出力240馬力を誇るターボエンジンと、ツインクラッチSST(6速DCT)を組み合わせスポーティグレードで、ランサーエボリューションXのデチューン版ともいうべき「ラリーアート」が設定されました。

 ギャランフォルティス スポーツバックは基本性能が高く、デザインも好評でしたが、三菱の業績悪化から車種整理が進んだことで、ギャランフォルティスシリーズは2015年に生産を終了。ヒットすることなく一代限りで消滅してしまいました。

※ ※ ※

 今回紹介した3台のなかでトラヴィックはさすがに古すぎますが、クロスロードやギャランフォルティス スポーツバックはまだまだ現役です。

 しかも、中古車の価格もまだ比較的安価となっており、かなりお買い得なモデルといえるでしょう。

 こうしたモデルはほかにもあり、中古車検索で発掘してみるのも面白いです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング