イマイチ肌の原因は〇〇!?メイクの仕上がりを格上げするテク

つやプラ / 2020年12月31日 19時30分

写真

毎日自分でメイクをしていると見慣れた仕上がりに安心感がもてますが、なんだかちょっと物足りないという気持ちの方もいるようです。メイクアップアーティストの筆者が、なんとなくメイクの仕上がりに満足できない時のチェックポイントと解消テクニックをご紹介します。

■肌がきれいに見えない

ファンデーションやコンシーラーを使って肌色を整えているはずなのに、なんとなく肌がきれいに見えないということもありますよね。

全体のくすみやシミなどをある程度カバーできている場合は、全体的な見え方をチェックすると良いでしょう。イマイチと感じた場合は、眉の描き方をチェックします。

チェックポイント

・眉の色が明るすぎる

・眉がナチュラルすぎる

・眉がテカっている

・眉の輪郭がぼやけている

これらにあてはまる場合は、肌と眉のコントラストが弱いせいで肌の見え方に影響を与えている可能性があります。

眉の色を適度に落ち着いたダークブラウンなどにしたり、ペンシルだけで仕上げずにパウダーを重ねるとくすみやハリのなさが目立たなくなります。眉の輪郭がぼやけている場合は、ペンシルで毛と毛の隙間を埋めるように描くと良いでしょう。

■華がない、なんかパッとしない

なんとなくナチュラルすぎて、メイクをしたのに華やかさがないという場合には血色感を加えましょう。

チェックポイント

・チークをつけていない

・リップをつけていない

・チーク、リップともに肌に馴染みすぎている

・乾燥してツヤがない

チークやリップをつけていない場合は淡い色のチークを頬の広範囲に馴染ませ、口元に丁寧に色をのせると女性的な華やかさがアップします。

肌馴染みの良いベージュ系を使っている場合は、思い切って鮮やかな色に切り替えてみると良いでしょう。粒子の細かいパール入りのカラーを選べば、ツヤ感も得られます。

ビューラーでしっかりとまつ毛を立ち上げてからマスカラをつけると、パッと瞳に光が刺したようなキラキラ感が演出でき、さらに華やかな印象に仕上がります。

■印象がぼやけてる

なんとなく印象がぼやけている気がする時は、アイエリアのメイクをチェックしましょう。

チェックポイント

・アイシャドウをつけていない

・アイラインを入れていない

・まぶたの印象が重たい

・眉頭がはなれている

・目と目の間隔が空いている

目元の仕上げ方次第で、印象にメリハリを出すことができます。アイシャドウは目の際だけではなく、眉下あたりまで広範囲にグラデーションをつけましょう。眉頭を近づけたり、くっきり描くことも効果的です。

上下の目頭にアイラインを入れると、目元がキュッと中央に寄って見えるので引き締まった印象になります。

マンネリ化しやすい毎日のメイクですが、夜の洗顔前に新しいことにチャレンジして違った自分を見つけてみてはいかがでしょうか。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士認定講師 西村 リサ)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング