『まどマギ』だけじゃない! 闇が深い「魔法少女×鬱」なアニメ3選

マグミクス / 2020年10月18日 18時10分

写真

■魔法少女となった少女たちが殺し合うその先にあるのは――?

 2011年1月~4月に『魔法少女まどか☆マギカ』(通称:まどマギ)が放送されて以降、キラキラとした魔法少女のイメージが打ち砕かれ、さまざまな鬱展開を含む魔法少女モノが登場しました。ここでは、『まどマギ』以降に放送された、闇が深い魔法少女×鬱なアニメを3作品ご紹介します!

●『魔法少女育成計画』

 ひとつめは、魔法少女同士の生き残り合戦を描いた『魔法少女育成計画』。「このライトノベルがすごい!文庫」(宝島社)として出版されている同名のライトノベル(著:遠藤浅蜊、イラスト:マルイノ/宝島社)が原作です。アニメは2016年10月~12月に放送されました。

 本作品は、幼い頃から魔法少女に憧れていた主人公・姫河小雪(ひめかわ・こゆき/CV:東山奈央)が、ある日ゲームを通して本当の魔法少女になるところからスタートします。ゲーム内のマスコット・ファヴ(CV:間宮くるみ)に言われるまま魔法少女となった小雪は、日々人助けをしながら魔法少女生活を満喫。しかしある日、突然魔法少女を半分に減らすと告げられて――。

 はじめは、ゲームに負けて魔法少女でいる資格をなくした人は普通の人間に戻ると、誰もがそう思っていました。でも実は、それは人としての死を意味するものだったのです。途中から新たなルールも追加されて、過激さを増す魔法少女たちの戦い。作中で魔法少女たちそれぞれの人間としての生活も描かれるなか、次は誰が死ぬのかと、何が起こるのかとドキドキハラハラ。でも、目が離せません……!

●『魔法少女サイト』

『魔法少女サイト』 (C)佐藤健太郎(秋田書店)/「魔法少女サイト」製作委員会

 ふたつめは、「不幸だねー不幸だねー」が口癖の不気味な管理人のもとさまざまな思いで殺し合いを繰り広げる魔法少女たちを描いた『魔法少女サイト』。秋田書店が運営するウェブコミック配信サイト「Champion タップ!」およびマンガ雑誌「週刊少年チャンピオン』で連載されていた同名のマンガ(著:佐藤健太郎/秋田書店)が原作。アニメは2018年4月~6月に放送されました。

 本作品の主人公は、クラスメイトからも兄からもいじめられ、どこにも居場所のなかった女子中学生・朝霧彩(あさぎり・あや/CV:大野柚布子)。ある日追い詰められた彩は、「魔法少女サイト」というサイトを通して“魔法少女”となり、人知を超えた能力を使える“ステッキ”を与えられます。彩はクラスメイトに追い詰められた際、このステッキで何も知らないままクラスメイトを殺してしまって――。

 魔法少女は彩ひとりではなく何人も存在しており、魔法少女サイトの管理人も複数います。彩は、魔法少女になった状況を飲み込めていなかった自分を救ってくれたクラスメイト・奴村露乃(やつむら・つゆの/CV:茜屋日海夏)と組み、人類の大半が滅亡するという「テンペスト」の謎を解き明かすべく立ち向かい、戦っていきます。「魔法少女サイト」とは、その管理人とは、魔法少女とは、いったい何なのか。鬱アニメ好きなら必見です。

■大迫力のバトルアクションが見られる魔法少女ものならコレ!

●『魔法少女特殊戦あすか』

『魔法少女特殊戦あすか』 (C)深見真・刻夜セイゴ/SQUARE ENIX・「魔法少女特殊戦あすか」製作委員会

 最後は、魔法少女となり異界の化け物たちと戦った少女たちの3年後の生活を描く『魔法少女特殊戦あすか』。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されている同名のマンガ(原案:深見真、作画:刻夜セイゴ/スクウェア・エニックス)が原作です。アニメは2019年1月~3月に放送されました。

 本作品の舞台となっているのは、人間界が異界“地冥界(ディスアス)”に侵略され、“精霊界(フェアト)”の支援を受けて魔法少女が誕生した世界の3年後。3年前に起こった地冥界との戦争「ディストニア戦争」で見事地冥界を撃退した5人の魔法少女たちは、「伝説の五人(マジカル・ファイブ)」と称されています。その中でリーダーを務めていた大鳥居あすか(おおとりい・あすか/CV:洲崎綾)は、戦いにより精神的に疲弊し、今は引退して普通の女子高生となっていました。しかし――。

 戦いで両親を惨殺され、「もう戦いたくない」と願うあすかですが、身近な友人たちが次々と事件に巻き込まれ、再び魔法少女として戦うことに。あすかの友人・牧野希美(まきの・のぞみ/CV:高橋李依)が拷問を受けるシーンでは、そのリアルな叫び声や肌が焼かれる音に思わず耳をふさぎたくなります。あすかや他の魔法少女たちに、平和な日々は訪れるのでしょうか……。

* * *

 以上、闇が深い魔法少女×鬱なアニメを3作品ご紹介しました。それぞれ、『まどマギ』とはまた違った残酷さ、グロさが待ち構えている作品ばかり。平和でスカッとするアニメも良いですが、たまにはこういった鬱展開の多いアニメを見て、いろいろと思考を巡らせてみるのもいいものです。皆さんは、どの作品がお好みですか?

(月乃雫)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング