1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

トヨタ 新型カローラ クロス一番人気は最上級グレード「ハイブリッドZ」! ちょどいいサイズが大ウケ

MōTA / 2021年9月16日 18時30分

トヨタ 新型カローラクロス

2021年9月14日に発売したトヨタ 新型カローラ クロス。実は発売前から予約がスタートしており約1.5万台の受注を獲得。50年以上続くカローラブランドとあって、さすがといった記録であるが、いずにしてもかなり好調な滑り出しである。そこで気になるのがどのグレードに人気が集まっているのか? である。今回は都内にあるトヨタディーラーにその実態を直撃してみた。

トヨタ 新型カローラクロス

新型カローラ クロスは全7グレードをラインアップ

トヨタ 新型カローラ クロスは先にも述べた通りカローラシリーズ初のクロスオーバーSUVモデルである。すでに発売されているカローラツーリングをベースに車高を上げ、専用のアイテムを装着しているイメージだ。

フロントフェイスは海外モデルと異なるが、リアデザインは変更されていない

日本仕様は1.8リッターガソリンとハイブリッドモデルを用意し、ハイリッドにのみ4WDモデルをラインアップしている。そしてグレード構成としてはガソリンモデルに4グレード、ハイブリッドに3グレード用意しており、価格は199万円〜319万9000円となっている。

かなり豊富なラインアップであるために、選ぶ際はかなり悩むはず。そこで現状どのグレードが支持されているのか? を探ってみるというワケだ。

>>

新型カローラ クロスの一番人気は最上級グレード「ハイブリッドZ」

最上級グレードは本革とファブリックのコンビネーションシートが備わるなど充実の装備内容となっている

都内近郊のトヨタディーラーによれば 「現状ハイブリッドモデルが大半を占めている。発売されたばかりということもあり最上級グレードのハイブリッドZが支持されている」という。

最上級グレードのハイブリッドZは、流れるウィンカーや専用デザインの18インチホイール。さらには7インチのモニターを備えたメーターなど、充実の内容となっているモデルである。

>>

コンパクトSUVからの乗り換え層も支持! “ちょうどいい”サイズが最大の魅力

そして 「歴代のカローラユーザーだけでなく、コンパクトSUVからの乗り換えも多い」と語っている。トヨタは現在ライズ、C-HR、ハリアー、RAV4……とSUVだけでも相当数存在している。新型カローラ クロスはC-HRとハリアーの中間サイズということもあり、ユーザー的にはちょうどいいサイズと受け入れられているようだ。とくに後席やラゲッジスペースなどを支持している層も多いという。

>>

まだまだ発売されたばかり、そして今週の土日は発売されてから初の週末を迎える。それだけに全国の販売店は混雑が予想されるため、事前に狙うグレードなどを整理して商談に臨んで欲しい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング