ホンダがワールドプレミア、2台の電動バイクを披露 ! /東京モーターサイクルショー2019・ベンリィエレクトリック

MotorFan / 2019年3月24日 7時45分

ホンダがワールドプレミア、2台の電動バイクを披露 ! /東京モーターサイクルショー2019・ベンリィエレクトリック

世界中の環境規制が進む現在の二輪車を取り巻く環境に、どのメーカーもEVやハイブリッドの開発は無視できないテーマだろう。そうした中、なんとホンダではカンファレンスの場で世界初公開となる電動車両を2台も発表したのだった! TEXT●大家伝(OYA Den)

ビジネスEV・ベンリィエレクトリックを披露


PCXエレクトリックの首都圏でのシェアリングも年内に

 ホンダブースでは約20台ほどの展示車両がお披露目される中、加藤社長によるカンファレンスが行われた。販売の推移、業績や計画に関する発表の後、3つの課題として1)利用環境改善と安全運転普及活動、2)二輪市場の活性化、3)次世代モビリティへの対応というホンダの取り組みについても話題がおよぶ。その流れで発表された世界初公開モデルがベンリィエレクトリックとCRエレクトリックだ。

 世界的に厳しさを増している排出ガス規制への対応としてハイブリッドモデルや電動モデルについて開発が進む中、宮古島でのレンタルサービスを始めたPCXエレクトリックは年内を目処に首都圏でのシェアリングにもトライをしていくという。そんなPCXエレクトリックに続く電動二輪車の第2弾として、ハードユースにも耐えるよう開発されたビジネスEV・ベンリィエレクトリックのプロトタイプがワールドプレミアとしてお披露目された。
 また、モトクロスを想定した電動車両がCRエレクトリックのプロトタイプとなる。今後の開発ではオフロードのみならずオンロードにおいてもスポーツ性能の研究を継続し、将来の市販電動二輪車の開発に応用することを目標としてチャレンジしていくとのこと。



現在、鋭意開発中だというベンリィエレクトリック・プロトの詳細は正式発表までお預けとされたが、完成度の高いPCXエレクトリックで培われた技術やバッテリーシステムのノウハウのフィードバッグを考えると市販化への期待は高まる。しかもビジネスEVともなれば、耐久性や力強さといった面で相当にタフな1台として注目間違いなしだ。


電動二輪車にとって、より過酷なフィールドであるモトクロスを想定したCRエレクトリック・プロト。どうやら無限と共同で開発されているらしく、無限の電動レーサー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング