ノーラン監督『インターステラー』は世代を超えるか? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年11月21日 11時49分

 日本で今週末公開されるクリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』は、評価の難しい作品です。私個人としては、期待が高かっただけに「意外性はもう一つ」という第一印象がありました。例えば、同監督の『インセプション』で実現されている「夢と現実の多層構造」の映像化に比べれば、本作の時間と空間の表現は、はるかに科学的な常識に沿っており、イマジネーションの大胆さということではマイルドな印象です。

 また、様々な表現に過去のSF作品への「オマージュ」が散りばめられているのは、ノーラン監督としてはやや異例に思われました。スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』と、ロバート・ゼメキス監督の『コンタクト』の2作品からの影響は特に強いように思います。また、相当に未来の話であるにも関わらず、1960年代の「アポロ計画」で使われた「サターン5型」に近いロケットが登場するのも、不思議な感じがしました。

 ということで、公開第1週の興行収入でトップの座を取ることはできず、ディズニーの少年向けデジタルアニメ作品の『ビッグ・ヒーロー6(邦題は『ベイマックス』)』の5600万ドルに対して、5100万ドルと2位に甘んじたのも、私としては何となく納得させられたのです。

 ですが、20代の若い世代の声などを聞くと、かなり印象は良いのです。例えばノーラン監督の作品はほとんど見ているファンの間でも『インセプション』と比べて、遜色はないというような評価があるようです。

 ちなみにこの作品、アメリカでは一般の拡大公開(ワイドリリース)は今月7日の金曜でしたが、IMAXフォーマットのごく一部の劇場では5日の水曜夜にオープン、私の住んでいるニュージャージーの郊外地区でも6日木曜の晩に、IMAXと4Kの2種類のフォーマットで先行上映がありました。

 私は、その6日の初回(午後8時)に行ったのですが、IMAXは売り切れで4Kに回ったところ、そちらはガラガラでした。小学生の男の子を連れた家族連れなどが多く、哲学的とも言える内容にはあまりついていけないようで、リアクションはそんなになく、個人的にもあまりエキサイトはできませんでした。

 一方で、大学生など若者のグループはみんなIMAXに行っていたようです。上映が終わって出ていくと、全く同じ時間に終わったIMAXの劇場から、それこそ大変な熱気と共に彼らは出てきて、ロビーには作品の感想を話し合う声が充満していたのです。少し聞いてみると、皆その反応は極めてポジティブでした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング