サウジとカナダが人権問題めぐり対立、サウジはカナダ資産売却を指示

ニューズウィーク日本版 / 2018年8月9日 20時45分

<女性の運転や映画館を解禁するなどリベラルな改革で話題だったサウジアラビアが、カナダの外相から人権侵害を指摘されて激怒、トランプばりの報復を繰り出した>

サウジアラビアの人権問題をカナダ外相が批判したことで両国関係は急速に険悪化している。そんななか、サウジアラビアはイスラム教の聖地メッカで男を公開処刑にした。

米ブルームバーグの報道によれば、ミャンマー国籍の男エリアス・アブルカラーム・ジャマデリーンは、ミャンマー人女性の家に侵入して銃を発砲後、刃物で刺して殺害した罪に問われていた。サウジアラビアのサルマン国王が男の処刑を承認した。

今回の公開処刑は、サウジアラビアとカナダの間で対立が深まる最中にこれ見よがしに執行されたともみえる。

対立の発端はこうだ。サウジアラビアは7月、女性の権利を訴える著名活動家、サマル・バダウィをはじめとする人権活動家たちを逮捕した。カナダのクリスティア・フリーランド外相は8月2日にツイッターでそれを批判し、彼女らの釈放を要求した。

「サマル・バダウィとライフ・バダウィの姉妹がサウジアラビアで拘束された。とても心配だ。カナダはいつもバダウィ一家と共にあり、ライフとサマル・バダウィの釈放を強く求め続ける」

サウジアラビアはこれに激しく反発。8月5日には駐カナダ大使を召還し、カナダとの貿易取引や投資受け入れを凍結した。

翌日には、サウジアラビア傘下の衛星テレビ局、アルアラビーヤが、カナダの刑務所が国際的な人権基準を満たしていないと批判する動画をツイート。さらに、ホロコースト否定論者のエルンスト・ツンデルという「良心の囚人」を収監していたこともある、とカナダ政府を批判した。

米同時多発テロを彷彿させる脅し

同日、サウジアラビア政府を支持する青年団体、インフォグラフィックKSAが、2001年の米同時多発テロを彷彿とさせる扇情的な画像をツイート。9.11と違うのは、標的がカナダであること。カナダ最大都市トロントのランドマークであるCNタワーにエア・カナダ機が突っ込む絵だ。説明文には、「関係のない問題に首を突っ込む者は痛い目にあう」と書かれている。

この投稿は35万人のフォロワーに送信されたが、すぐに削除された。インフォグラフィックKSAは謝罪し、画像は「駐カナダ大使の(サウジアラビアへの)召喚を象徴したかっただけで、他の意図はなかった」と釈明した。サウジアラビアのメディア省も、アカウントの削除を命じ、この件について調査すると表明した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング