トランプの公約「財政赤字の削減」は大嘘だった

ニューズウィーク日本版 / 2019年7月29日 17時30分

<トランプは大統領選で財政赤字の削減を公約に掲げたが、就任後赤字は膨らむ一方。元凶は軍事費と金持ち向け大型減税だ>

ドナルド・トランプは2016年の大統領選の公約として、大統領に就任した暁には財政赤字を解消すると有権者に約束した。だが実際には、就任以降、赤字は大幅に拡大しているし、今後もどんどん増加するとみられる。

保守派のニューステレビ局FOXニュースの司会者クリス・ウォレスは7月28日放送の番組で、このことについてミック・マルベイニー大統領首席補佐官代行を詰問した。トランプが政権引き継ぐ前、バラク・オバマ前大統領のもとでは財政赤字は減少し始めていたのに、とウォレスは指摘した。

「オバマ政権の1期目で2008年に始まった世界的金融危機に対処し、2期目は財政赤字が年平均11%縮小した」と、ウォレスはマルベイニーに言った。彼はトランプ政権で予算編成を指揮する行政管理予算局(OMB)局長を務めている。

「トランプが大統領に就任して最初の2年で、赤字は年15%増加した。国の借金は2兆ドル以上増えた」と、ウォレスは続けた。現在米議会で審議中の予算関連合意が成立すれば、借金は4兆ドル以上になるといわれる。

このような大幅な財政赤字の増加を、トランプ政権はなぜ支持できるのか、とウォレスはマルベイニーに尋ねた。特に、トランプが選挙中にまったく正反対の公約を掲げていた事実は見逃せない。

<参考記事>トランプの予測不可能な通商政策は世界もアメリカも貧しくする

選挙中の公約とは正反対

「われわれの予算教書を見て、認めてほしい」と、マルベイニーは、今年3月にトランプ政権が発表した2020年度会計予算案に触れた。「『議会に提出してもすぐに否決される』と言われることだが、実際に中身を見れば、ドナルド・トランプがこの予算で何をするつもりかわかるはずだ。財政赤字は縮小していくだろう」と、マルベイニーは主張した。

ウォレスはこう反論した。トランプは大統領就任後最初の2年は議会上下両院を共和党の支配下に置いていたが、それでも財政赤字を減らすことはできなかったではないか。

マルベイニーは、それは共和党議員のせいであって、トランプの責任ではないと言い、この共和党議員たちは「われわれの予算案をゴミ箱に捨てた」と言った。

マルベイニーが言及したトランプ政権の2020年度予算案は、トランプが2016年に大統領候補として有権者にした公約とは大きく矛盾する。

<参考記事>トランプ政権発足から2年、守った公約、守っていない公約

トランプは大統領候補として「他の共和党員のように」「メディケア(高齢者医療保険制度)やメディケイド(低所得者医療保険制度)を削減するつもりはない」と約束していた。しかし予算案はメディケイドを1.5兆ドル、メディケアは8450億ドルの削減を盛り込んでいる。今回、トランプ政権が提出した予算案の規模はアメリカ史上最大であり、歳出総額は4兆7500億ドルにのぼる。



議会下院の民主・共和両党は7月25日、債務上限など予算の大枠を決める予算管理法案で合意した。これによって今後2年の歳出上限は3200億ドル(約34兆円)まで拡大し、債務上限も引き上げることができる。それだけ財政赤字膨張の余地ができたということだ。

民主党は人気のある社会保障プログラムの削減に強く反対し、代わりに共和党とトランプが要求する国防費の大幅な増加を認めた。

トランプは喜び、上院にも法案の成立を求めた。彼は国防支出の大幅な増加が兵士と退役軍人にとっての勝利となると主張する。だが同時にそれは、財政赤字垂れ流しの元凶だ。

赤字急増のもう一つの大きな原因は、トランプ政権の目玉政策である大型減税だ。減税のせいで、今後10年間、国の債務は2兆ドル近く増えるとみられる。

トランプの減税は富裕層や企業に大きな利益をもたらすが、トランプと共和党は、支出と投資の増加を通じていずれ財政均衡に向かうと主張してきた。その約束は、今のところ実現しそうにない。

(翻訳:栗原紀子)


※8月6日号(7月30日発売)は、「ハードブレグジット:衝撃に備えよ」特集。ボリス・ジョンソンとは何者か。奇行と暴言と変な髪型で有名なこの英新首相は、どれだけ危険なのか。合意なきEU離脱の不確実性とリスク。日本企業には好機になるかもしれない。



ジェーソン・レモン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング