将棋電王戦リベンジマッチ観戦記(執筆者:大崎善生)

ニコニコニュース / 2014年1月6日 18時45分

図1

 なんともいえない不思議な思いばかりが胸をよぎり続けた。私は対局室に居て、目の前で起こっている現象をどのように理解し、あるいは把握するべきなのかと何度も思いを巡らせていた。

 2013年12月31日―。年の瀬の慌しさの真っ只中にある東京の中でも一際の喧騒に包まれた明治神宮の膝元、原宿。多くの人で賑わう竹下通りの一角にあるビル内に造られた16畳ほどの和室の中で、静かに密やかに対局は進行していた。

 美しい対局室である。

 背景には大きなLEDスクリーンがあってそこに色鮮やかな四季の情景が数時間ごとに映し出される。最初は冬の雪景色からはじまり、春から夏へと移行していく趣向という。張り巡らされた襖や床の間の造作はどれも見事なもので、真っ青な畳も鮮やかである。上座となる床の間を背にダミーの駒動かし役である奨励会員がいてその後ろにツツカナを搭載したコンピュータとプログラマーの一丸貴則さん、将棋盤を挟んで船江恒平五段が座っている。

 今回のリベンジマッチの対局場となったのは原宿のニコニコ本社ビル。地下一階が関係者控え室、一階が大盤解説会場、二階が報道陣控室、そして三階がこの日のためにだけ造られたスタジオの中にある和室の対局室。この対局室は突貫工事で31日の朝にできあがり対局が終わればすぐに解体されてしまうという。年末の1日だけに現れる、幻の湖のような場所なのである。朝の対局開始時には川上量生会長も現れるなど、電王戦の主催者側の力の入れようは大変なものがある。

 朝、対局場にくるとすでに解説会場に入りきらない200人近くの人がビルの外に並んでいた。会場から人が帰ればその代わりに入れるという空き待ちなのだが、ほとんど帰る人はいない。ただし並んでいる場所にモニターが設置してあり、中の様子は窺えるようになっている。しかしこの寒さに外で立ち見するファンの熱意にも頭が下がる。

 将棋は春に対局された船江―ツツカナ戦とまったく同じ軌跡をたどっていった。

 ▲7六歩、△3四歩、▲2六歩、△7四歩、▲5八金。

 4手目の△7四歩というのが定跡形を避けるために一丸さんが入力していた一手で、ルール上では許されていたが、しかし指し手に人間の指示が入っていいのかどうかという波紋を呼んだ一手だ。今回のリベンジマッチは前対局と同じ条件の中で戦うという決まりがあったので、船江がこの出だしを選べばこう進むのは必然ということになる。少なくとも▲5八金までは指定局面に近い状態となっている。

ニコニコニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング