1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「加齢で眠りが浅くなる」現象はなぜ起こるの?

ニッポン放送 NEWS ONLINE / 2022年6月28日 11時25分

写真

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。6月21日放送分のテーマは「睡眠時間」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

人は毎日「何時間眠ればいいのか?」という疑問がありますが、「睡眠時間にはこだわらなくていい」というのが、専門家の方々の見解だそうです。

理由として、睡眠はその人の体質や年齢など、個人的な要素に影響されるからだとか。「理想的な睡眠時間は8時間」とよく言われますが、科学的な根拠はないそうです。

睡眠時間に関するデータによると、夜間の睡眠時間は以下のようになっています。

—–

■10歳まで……8~9時間

■15歳……約8時間

■25歳……約7時間

■45歳……約6時間半

■65歳……約6時間

—–

このように、年齢とともに必要な睡眠時間は少なくなっているそうです。「歳をとるにつれて昔ほど眠れなくなった」という場合は、年齢を重ねていくうちに、必要とする睡眠時間が少なくなっていると考えられます。

睡眠には浅い眠りの「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」の2種類があり、一晩に何回も繰り返しています。ところが、年齢とともに「ノンレム睡眠」が減り、逆に「レム睡眠」が増えていくそうです。

寝ていても眠りが浅いため、すぐトイレに行きたくなったり、ちょっとした物音などで何度も目が覚めてしまう場合があります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください