スガキヤの期間限定メニュー「超肉入ラーメン」食べてきた

おたくま経済新聞 / 2019年5月16日 16時5分

写真

スガキヤの期間限定メニュー「超肉入ラーメン」(撮影:梓川みいな)

 ナゴヤのソウルフードともいわれるスガキヤのラーメン。安くてちょうどいいスガキヤは、チャーシューが5枚乗った「肉入りラーメン」も人気。その「肉入りラーメン」にさらに肉が5枚、合計10枚乗って、しかも麺が1.5人前になった「超肉入ラーメン」(特別価格550円)が、2019年5月16日から期間限定販売されるというので、早速食べてきましたよ!

 向かったのは、とあるスーパーのフードコート。名古屋市内の複合小売店には大体入っているんじゃないかというくらい、気軽に行けるのがスガキヤのよいところ。ラーメンやつけ麺、ご飯ものやデザート類まで色々とそろっていて、一人でも仲間や家族でも気楽に行けるので、小さい頃からスガキヤのラーメンで育ったという人も名古屋には少なからず……。買い物帰りに親にねだってソフトクリームやサンデーなんかを食べたり、お昼時に一緒に買い物に出たついでにスガキヤで食べた思い出を持つ人も多くいることでしょう。

 そんなスガキヤのラーメンは、魚介だしと豚骨を合わせた、独特の「スガキヤのスープ」が基本。醤油でもない、豚骨でもない、「スガキヤ味」ともいうべきスープに、ネギと肉とメンマが入ったラーメンは小腹がすいたときにはちょうどいい量とお値段。しかし、とにかくお腹をしっかり満たしたいときは、一緒にご飯ものやデザート類を頼むのが一般的だったりします。

 今回食べてきた「超肉入ラーメン」は、普通の肉入りラーメンよりも肉も麺もマシマシになって550円というお値段。ちなみに、通常の「肉入ラーメン」にトッピングして同じものを食べようとすると、肉のトッピングと麺大盛で通常600円はかかるメニューです。

 そんな期間限定の「超肉入ラーメン」。コーンや半熟卵など、6種類のトッピングにも心を惹かれつつ、注文して待つこと数分。フードコートのテレビをぼんやり眺めていたらもう出来上がりの合図が。早っ!スガキヤがファストフードとして愛されているのはこの早さもあってのこと。

 さて、早速お盆をテーブルへ。いつものラーメンよりも若干ずっしり感。食べ応えがありそうだわ。チャーシューはスガキヤ独自の丸いスライスした豚バラ肉と思われるお肉。ちょっとリッチに食べたいときの「肉入りラーメン」よりも倍の量が乗っているってだけで、テンション上がります。

 そしてスガキヤと言えば、独自の形をしたフォークスプーン。昔は右利きの人が使いやすいような形で先に付いているフォーク部分が偏っていたのですが、現在では円形のスプーン部分の真ん中に4本、フォーク状の部分がのびています。これで麺を食べるのは、実際ちょっと食べにくかったりするのですが、食べ終わりごろにこのフォークスプーンが活躍するんですよ。

 いただきます!と、さっそくスープを一口。うん。スガキヤの味。スガキヤの味はスガキヤの味としか形容できない味わい。そしてチャーシューを1枚。うん。いつものチャーシュー。味も形も変わっていないっていうのは、何とも言えない安心感があります。で、麺と一緒にチャーシューをほおばっても、最後までチャーシューが残っている……!!いつもならチャーシューとメンマはさっさと消えて、麺と底の方に残った具をあのフォークスプーンでちまちまと食べることが多いのだけど、麺を食べきるまでチャーシューが残ってくれたのは初めて。それだけで何だか嬉しくなってしまうという小市民っぷりをひそかにかみしめつつ、最後のチャーシューを麺を食べきった後にやはりかみしめたのでした。




 いつものラーメンなら、ここで「ちょっと何か甘いもの頼みに行ってくる」とかなる訳ですが(ソフトクリームとか溶けちゃうから)、今回はいい感じにお腹も膨れて肉もちゃんと食べた!という満足感もあって、この1杯で終わりに。何というコスパの良さ!!これは当分、スガキヤに通う日が続きそうです……。ごちそうさまでした!

(取材・撮影:おたくま経済新聞名古屋支部・梓川みいな)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング