そのアピールいりません!婚活で出会った40代女性の「謎すぎるアピール」3選

OTONA SALONE / 2019年7月22日 18時30分

婚活をしている男性たちが出会った40代女性の中には、謎のアピールをしてきた人もいるようです。

言うまでもなく、婚活は結婚を視野に入れたお相手探しではあるけれど、“結婚”ばかりにフォーカスして、見当違いなアピールに走ってしまっている人もチラホラ……。

せっかくマジメに婚活するのであれば、男性たちの心に刺さるアピールを心がけたいところです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが婚活で出会ったという40代女性の謎すぎるアピールをご紹介します。

 

男性が首を傾げた40代女性のアピール1:ブランド物を目の敵にする

 

「婚活パーティーで知り合い、何度かデートをした40代女性がいましたが、堅実アピールが激しすぎて、話していて疲れました。

中でも『ん?』と思ったのが、僕の持ち物のブランド物を見て『私、ブランド物は持たない主義です。どうせ消耗品なら、安いもので十分ですから』と得意げに話していたこと。

個人の趣味は自由なので、その子がブランド物を持たないのは自由だけれど、僕の持ち物を見てそういう話をするのは、なんか違うんじゃないかな〜って気がしました。

結婚するなら堅実な女性がいいのは確かだけど、相手探しの段階で、男にケチつけてたらチャンスもないんじゃないの?」(44歳男性/工場経営)

 

「ブランド物は持ちません!」は堅実派の40代女性にもありがちな主義。

けれど、そこで男性の持ち物にケチをつける話になってしまえば、堅実アピールというよりも、イヤミを言っているようにしか聞こえなくて無理はありません。

 

 

男性が首を傾げた40代女性のアピール2:「ペットは飼いません」宣言

 

「飲み会で知り合い、婚活をしていると言っていた40代半ばの女性と、何度か食事に行きました。

最初の頃に『ペットが好きか』と聞かれ『飼ったことがない』と答えたのがよほど印象に残っていたのか、その後、会うたびに『私はペットを飼う予定はないので〜』とやたらに主張してきたのが、不可解でしたね。

僕は、“飼ったことがない”だけで“嫌いだ”とはひと言も言っていないのですが、何を勘違いしたのか、その女性は犬や猫のことを悪く言うようなところもあり、かなり極端な人だなぁって感じがしました。

見た目はタイプだったけど、一緒に暮らす話があるわけでもないし、そういうところがなんかしっくりこないので、そのまま疎遠になりましたね」(42歳男性/マスコミ)

 

相手の好みを尋ね、それに基づいた会話を展開するのはコミュニケーション術のひとつ。

ではあるけれど、極端な解釈に走ってしまい、謎のアピールに終始してしまった女性もいるようです。

 

 

男性が首を傾げた40代女性のアピール3:子供ぎらいを執拗に公言

「ちょっとだけ付き合った40代前半の女性がいたんですけど、飲み会なんかで結婚の話になるたびに『私は子供はいらないから』って、なぜか妊活を拒絶する話題につなげる人でした。

年齢も年齢なので、仮に結婚となっても、そのあたりは自然に任せようと思っていたのですが、ハナから『子供はいらない』『嫌い』と公言しまくるあたりが、なんとも不自然で、違和感がありましたね。

人から干渉されるのを極端に嫌う女性だったから、あえて先に妊活の見通しについて触れておきたかったのかもしれないけれど、そういう話ってシリアスになりがちだし、その場にいる人も返事に困っている感じがして、僕のほうが居心地が悪かったです。

それが原因で別れたわけではないのですが、執拗にアピールしていたので、やけに印象に残っています」(41歳男性/サービス)

 

40代の婚活では、妊活の話題もシビアになりがちなのは確か。

日ごろから、その辺のことをよく考えている女性ほど、第三者の前でも話題にしがちな面も否めません。

しかし男性目線だと「そのアピールは、今しなくても……」となる場合もあるのが実情です。

 

婚活のゴールは「結婚」となるだけに、婚活中には勢いあまったアピールをしてしまう女性もいるのが事実。

けれど、そんなアピールのせいで、かえって男性からの印象がだだ下がり……となる場合もあることは、覚えておいて損はなさそうです。

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング