【男性心理】会話でわかる!その男性、付き合うと「キケン」です

OTONA SALONE / 2020年10月23日 22時0分

今回のテーマは「深いお付き合いをする前の男性の要注意ポイントを早めに察するにはどうしたらいいか」です。

お付き合いをする前、デートの段階で「あれ、もしかしたらこの人と合わないかも」「ちょっと、深いお付き合いをする前に様子を見たほうがいいかも」と察することができれば、貴重な時間の有効活用ができるはず。お付き合いしてから発覚すると、精神的ダメージも大きそうです。

今回は、アンケートで寄せていただいたご意見をピックアップして、デートの会話から要注意の男性を察するポイントを探ります。一部、男性からの意見も含まれていますが、参考になるはずです!

 

要注意!男性の会話1:元カノの悪口

「会話の中でかなり長い時間、前に付き合っていた方の悪口を言ってました。未練を持たれていてもアレですけど、悪口だけっていうのも聞かされていて気分悪いです」(38歳女性・事務)

「長く独身の上司がいますが、いつも女性の悪口ばかりで反省しているところなど見たことないです。仕事はできるのに、どうして女性関係になるとああなるんでしょうね」(40歳男性・講師)

先のご意見のように、前の彼女に未練タラタラでも困ってしまいますが、悪口ばっかりっていうのもよくありませんね。楽しい会話になるはずがありませんし、別れた原因をすべて彼女に押しつけていて反省がないのもまずいです。男性の友人の前でも元カノの悪口を言っているということは、反省しないどころか女性を下に見ていそうです。

 

要注意!男性の会話2:仕事の機密?

「目の前で仕事の電話に出て、大きな声で取り引き先の会社名とか個人名とかを話していて引きました。けっこうお客さんが入っている店だったのに」(42歳女性・ライター)

「ここだけの話だけどさ、と言って仕事の機密っぽいことを話してきたんです。言われた側としても困りますし、口があまりにも軽すぎて呆れました」(44歳女性・医療関係)

筆者も、近いことを経験したことがあります。喫茶店で、隣の男性が突然オンラインミーティングを始めました。イヤホンやマイクはなしで、自分の声も相手の声も筒抜け。しかも、必要以上の大声。会社名や話し合いのテーマも、聞きたくないのに聞こえちゃいました。若い方だったので「仕事できるオレつえー」をしたかったのかと察しましたが、彼が仕事仲間でなくてよかったと心から思ったものです。

仕事の機密を守れない人は、男女間のデリケートな秘密も外で喋っていそうだと思ってしまいます。それに……仕事できなさそう、って思ってしまいますね。

 

要注意!男性の会話3:お金がないアピール

「仕事仲間に、女性の前でいつもお金がないことをアピールして、外でお金を払わないどころか差し入れをもらっている人がいます。趣味のイヤホンはいいものをしょっちゅう買っていて、金欠とも思えないのですが」(45歳男性・事務)

「まとまったお金がない、が口癖。食事は割り勘で、私から現金を回収したあと自分のカードで支払っていました。集団の飲み会などでも同様です。きっとポイントが欲しいんでしょうね。後に彼は会社を辞めましたが、その時備蓄のボールペンがごっそりなくなりました」(46際女性・広報)

家庭の事情や大きな買い物の後などで、本当にお金がないときは無理しないでほしいですが、ただのケチは遠慮したいところです。浪費家も困りますけど極度の守銭奴も、お付き合いが進んで結婚をしたあとのことが不安になってしまいますね。

 

要注意!男性の会話4:話題がだいたい愚痴

「会話がおもしろくない。仕事や親や友達への愚痴ばかり。仕事も親も友達も気に入らないなんて、何が楽しいんだろう」(33歳女性・飲食)

「愚痴も少しならいいですし、正直に話してくれるのは嬉しくも思いますけど、会話の中でいちばん長いのが愚痴っていうのはちょっと辛いです。本人は吐き出して気分よくなっているのでしょうか」(40歳女性・派遣)

ご意見の中にあったように、愚痴も少しはいいと思います。仕事のことや気持ちを正直に打ち明けてくれているともいえますからね。ただ、あまりに愚痴が山盛りだと、もはや愚痴を話すことが癖になっているだけのように思えます。

会話でこちらを楽しませてくれる気持ちもなさそうですし、それにどこかで自分の愚痴も言われていそうでちょっとイヤですね。一緒に暮らした時のことを想像すると……気持ちが重くなります。

 

今回は、経験者である女性のご意見はもちろんのこと、男性のご意見がかなり参考になったと思います。デート相手の女性よりも、男性同士のほうが正直な態度になることが多いと思われますので、そういった場での目撃談は生々しいものがあります。心配してくれる男友達の声には、ひとまず耳を傾けるべきですね。

合わない男性は早めに察するのが大切! 恋愛は、一緒にいて楽しいお相手と長い時間を割きたいものですね。

 

≪ライター/シナリオライター/会社経営者 信濃川あずきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング