東芝は、無線LAN機能搭載の新世代型SDHCメモリカード「FlashAir(TM)」の発売 を記念し、架空の航空会社『Flash Airways』を軸とした体験型キャンペーンを展開

PR TIMES / 2012年3月22日 15時40分



株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社(カンパニー社長:小林清志)は、2012年3月10日(土)に新発売された無線LAN機能搭載の新世代型SDHCメモリカード「FlashAir(TM)」の発売を記念し、架空の航空会社『Flash Airways』を軸とした体験型キャンペーンを3月23日(金)より開始いたします。

「FlashAir(TM)」は、従来のSDカードと異なり、PCを介さずスマートフォンやタブレットなどの端末と直接的に繋がることが実現するのみならず、同時に複数人の端末との共有も可能となり、デジカメで撮影した写真をその場で、複数人同時にSNSや、ブログなどでアップをすることが可能となります。

今回展開されるキャンペーンでは、このような製品の機能を最大限に体感頂くために、「Flash Airways」という架空の航空会社をコミュニケーションの軸として設定。トラベルカルチャー雑誌「TRANSIT」(ユーフォリアファクトリー)とタイアップし、キャンペーン開始日にオープンするウェブサイトと、期間限定で提携を行った表参道エリアのカフェを、「Flash Airways」の世界観と製品体験の場として展開いたします。

キャンペーン期間中にカフェを訪れた方は、「FlashAir(TM)」のタッチ&トライによる、「TRANSIT」提供のトラベルフォトの無料ダウンロードを通じて、「バーチャル世界旅行」を体験いただけます。

また、表参道エリア街頭での「Navigator」の配布によるキャンペーン告知や、その場で「FlashAir(TM)」のダウンロードが体験できるOOHの設置、「Flash Airways」の世界観を表現したオリジナルの映像コンテンツを盛り込んだキャンペーンウェブサイトの開設など、これまで製品を知らなかった方々もお楽しみいただけるような幅広い活動を展開してまいります。


【キャンペーン概要】
■表参道エリアで体験型カフェを展開
フラッグシップカフェの「Eco farm cafe632」を中心に、表参道エリアの6店舗のカフェとネットワーク。「FlashAir(TM)」のタッチ&トライコーナーや、「Flash Airways」、「TRANSIT」の世界観を表現した店内ツール演出により、製品体験の場として3月23日(金)から4月22日(日)まで展開いたします。

Eco farm cafe632
住所:東渋谷区神宮前6-32-10
営業時間:9:00-23:00(月〜土)、9:00-21:30(日)
座席数:150席

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング