特別共同公演「世界がわが家」 記者発表会のお知らせ

PR TIMES / 2014年2月17日 16時25分

あしながとヴァッサー大学が描く未来

東北津波遺児や被災者による和太鼓演奏、米国ヴァッサー大学の聖歌隊によるコーラス、ウガンダのエイズ遺児の歌と踊りの3か国コラボ音楽会の記者発表会 脚本・演出を担当する世界的演出家ジョン・ケアード氏も出席



あしなが育英会とヴァッサー大学(米国ニューヨーク州)は今年の3月、アフリカ、アジア、北米、ヨーロッパの四大陸を音楽で一つにする特別共同公演「世界がわが家」を仙台と東京で開催します。ウガンダの現地NGO「あしながウガンダ」が運営する“寺子屋”で基礎的な教育を受けている子供たちによる歌と踊り、ヴァッサー大学コーラス部(聖歌隊)のメンバーによる合唱、2011年3月11日に発生した東日本大震災・津波によって壊滅的な被害をこうむった東北地方の子供たちによる伝統的な和太鼓演奏が披露されるこの公演を演出するのは、「レ・ミゼラブル」や「ニコラス・ニクルビー」などのブロードウェイ・ミュージカルを演出しトニー賞を受賞した有名な英国人演出家、ジョン・ケアード氏です。
この空前のイベントは、小説「あしながおじさん」の著者ジーンウェブスターの母校であるヴァッサー大学と、今も読み継がれているその小説から名前と着想を得た「あしなが育英会」の間に強まる協力関係のもと、両者が踏み出す新たな一歩を象徴するものです。今年は、1914年にブロードウェイでミュージカル「あしながおじさん」が初演されてから、ちょうど100年になります。
「世界がわが家」はあしなが育英会が現在取り組んでいる親を亡くしたアフリカの子供たちの支援をするプロジェクト(アフリカ遺児教育支援)に関連していますが、「すべての子供に教育を(教育の機会の大切さ)」というあしなが育英会とヴァッサー大学が共有するより壮大なビジョンにもとづいて行われます。同時に、東日本大震災で亡くなった方たちの鎮魂と被災した方々を少しでも励ましたいという思いも込められています。



この特別共同公演に先駆けて、あしなが育英会とヴァッサー大学が下記の日程で記者発表会を開催いたします。来日中のジョン・ケアード氏が多忙なスケジュールを縫って出席し、今回の公演が持つ意義、演出を担当するに至った経緯と意気込みなどを、自身の言葉でメディアの皆様にお伝えします。また仙台と東京の公演でナレーションを担当される女優の音無美紀子さんにもご出席いただきます。ご多忙中まことに恐縮ではございますが、ぜひご出席いただきますようお願い申し上げます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング