「スマートフォン取引サービス開始記念キャンペーン」実施のお知らせ

PR TIMES / 2012年7月20日 15時3分



 内藤証券株式会社(代表取締役社長:内藤 誠二郎/本社:大阪市中央区/以下 内藤証券 http://www.naito-sec.co.jp/)は、7月29日(日)よりスマートフォン公式サイトをオープンいたします。オープンに伴い、7月23日(月)より「スマートフォン取引サービス開始記念キャンペーン」を以下の通り実施しますのでお知らせいたします。

■スマートフォン公式サイトの紹介
平成24年7月29日(日)より内藤証券スマートフォンサイトをオープンいたします。併せてスマートフォン端末を利用したインターネット取引画面(Succe-s tradeスマートフォンサイト)の提供も開始いたします。

Succe-s tradeスマートフォンサイトは、弊社インターネット取引口座をお持ちのお客様であれば、特別な手続きは必要ありません。Succe-s tradeの口座番号、ログイン暗証番号があればお取引いただけます。

【中国株も国内株も】
見やすい画面で簡単に取引ができます。弊社パソコンサイトの中国株情報がスマートフォンでも同様にご覧いただけます。
【パソコンが無くても】
新規口座の資料請求もスマートフォンサイトから行うことができ、株式取引にパソコンをご用意いただく必要がなくなりました。
【高性能トレードツールが満載】
中国株、国内株とも株価通知メール、登録銘柄情報を搭載、さらに中国株ではニュースメール配信機能を搭載しています。
※スマートフォン公式サイトはiPhone、Androidどちらでもご利用いただけます。

■スマートフォン取引サービス開始記念キャンペーンの紹介
平成24年7月23日(月)から平成24年8月31日(金)までの間に、インターネット取引口座の開設が完了しキャンペーン期間中である平成24年7月23日(月)から平成24年9月14日(金)にお支払いいただいた日本株の手数料および中国株の国内手数料を対象に上限30,000円までキャッシュバックいたします。
※詳しくは内藤証券ウェブサイトでご確認ください。
http://www.naito-sec.co.jp/campaign/120720.html?cid=prptxt0001


■内藤証券
内藤証券ではネット取引による日本株、中国株、投資信託、FX、CFDの取扱いを行っています。
注目の中国株取引については、業界のパイオニアである当社ならではの信頼性の高い情報をリアルタイムに発信。上海の現地事務所から届けられる正確かつ詳細な情報は、これから中国株取引をはじめる方にも納得してご利用いただける内容です。
以上
金融商品取引法に係る表示
■リスク
 株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。
■手数料(税込)
・インターネット
 <約定ごとプラン> <1日定額プラン>の2つのコースがあります。
選択されるプランにより手数料体系が異なり表示が困難ですので詳細はhttp://www.naito-sec.co.jp/japan/charge/index.htmlを参照ください。
・コールセンター
 約定金額に対し最大0.42%(最低手数料2,100円)
・対面取引 
 約定金額に対し最大1.2075%(最低手数料2,625円)
■中国株手数料(税込)
 現地手数料として香港市場では最大で外貨建約定代金の0.25%(最低50香港ドル)、上海・深セン市場では最大で同0.50%が必要となるほか、さらに印紙税、取引所税等を加算した額を売買当日の当社為替レート(香港ドルでは中心レートから買い場合+15銭、売りの場合-15銭、米ドルは同+50銭、同-50銭)にて換算した金額に対し、国内手数料が最大0.84%かかります。(但し、買付け時のみ最低525円)
詳細はhttp://www.naito-sec.co.jp/china/charge/index.htmlをご参照ください。

■当社の概要:
会社名  : 内藤証券株式会社(金融商品取引業者) 近畿財務局(金商)第24号
本社   : 大阪府大阪市中央区高麗橋1-5-9
代表取締役 : 内藤誠二郎
設立    : 昭和8年11月
資本金   : 30億248万円(平成24年3月末現在)
URL   : http://www.naito-sec.co.jp/
加入協会  : 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

■お問い合わせ
内藤証券株式会社
E-mail : succe-s@naito-sec.co.jp
TEL : 0077-78-7110(平日8:00-17:00)


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング